コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 春の鐘(1985/日)

歳の離れた男女の不倫を“しっとり、じっくり”ではなく、“ジメッとダラダラ”描いてる。蔵原惟繕は明らかに演出の仕方を履き違えてるし、三田佳子も前年の『Wの悲劇』に続いてはじけた演技をしているが、はっきり言って一人浮いてて笑える。何気に豪華なキャストは、古手川祐子を脱がす為のお膳立て?['06.2.25VIDEO]
(★2 直人)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。