コメンテータ
ランキング
HELP

ペンクロフさんの人気コメント: 更新順(30/38)

人気コメント投票者
★2E.T.(1982/米)どう見ても気色の悪い、へんな病気持ってそうなE.T.が実にいい。しかし何より、 [review]イリューダ, けにろん, ジェリー, こしょくほか24 名[投票(24)]
★4拳精(1978/香港)ロー・ウェイのやっつけ仕事のためにジャッキー自身は気に入っていない映画ですが、子供だったオレをワクワクさせる魅力は充分に持っている映画でした。 [review]ゆの[投票(1)]
★5妖婆・死棺の呪い(1967/露)幻想的という一言では言い尽くせぬ味わいに満ちている。ものすごく怖いのだが、凛とした美しさと品格がある。ソビエト映画には、まだまだ隠れた傑作が埋もれているのだろうなあ。甘崎庵, ボイス母[投票(2)]
★3天使のくれた時間(2000/米)理想の奥さんティア・レオーニがいい! 惚れます。チョコケーキをめぐってニコラス・ケイジと彼女がイチャつくシーンでは「このハゲ何してくれてんだ!」と激怒。ころ阿弥, ババロアミルク, あちこ, MUCUN[投票(4)]
★3わたしが美しくなった100の秘密(1999/独=米)下品でくだらないイベントを描いてますが、決して下品でくだらない映画ではない。フェイクドキュメンタリーなつくりが愉快。ころ阿弥, わっこ[投票(2)]
★3食神(1996/香港)非常に面白いんだけど、チャウ・シンチー演じる食神にもうひとつ感情移入できず。食神として浮かれてた時代の彼を、どうしても愛せなかった。あき♪, tredair, Ryu-Zen[投票(3)]
★5パピヨン(1973/米=仏)「何か欲しいものはあるか」「船だ」 絶対にあきらめないマックイーンに、体が震えるほど感動する。これはもう理屈じゃないです。オレには満点以外にどんな点もつけられません。ノビ, クワドラAS, movableinferno, いくけん[投票(4)]
★3原始獣レプティリカス(1961/デンマーク=米)ものすごく投げやりな映画でドキドキします。これ、デンマーク映画だったのか。オレが観た唯一のデンマーク映画がこれか…荒馬大介[投票(1)]
★4ビューティフル・ガールズ(1996/米)10代のノリでダチのカタキにお礼参りを敢行したら、そいつの小さな子供を見てしまって振り上げた怒りの鉄拳も意気消沈。否応なしに大人になってゆく感慨が、不意に胸を突く。makoto7774, ごう, たかやまひろふみ[投票(3)]
★3悪魔のしたたり ブラッドサッキング・フリークス(1978/米)クズスプラッタは数あれど、これほど作った動機が理解できないものになるとなぜか妙に記憶に残る。憂鬱になるほど汚らしい画面と被写体が、悪夢を見た感覚に近い感じで記憶されるからだろうか?ナッシュ13[投票(1)]
★3スリーピー・ホロウ(1999/米)これだけ凝っているのにも関わらず、チョロいことが美点になっている映画だが… [review]ダリア, moot, uyo, movableinfernoほか5 名[投票(5)]
★4孫悟空(前篇・後篇)(1940/日)金角銀角のロボット帝国の崩壊は『メトロポリス』ばりのSF。自由闊達、軽妙洒脱。エノケン最高です!tredair[投票(1)]
★2ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002/米)多少画面がショボくなっても、映画ではなくテレビシリーズとしてどんどん撮るべきではなかったか。再編集ダイジェスト版みたいな映画よりは、そっちのほうがいい。 [review]4分33秒, ピロちゃんきゅ〜, ぱーこ, たかやまひろふみほか7 名[投票(7)]
★5ヒドゥン(1987/米)低予算SFとしては、『ターミネーター』に匹敵する面白さ。 [review]ペパーミント, イライザー7, marina, kawaほか8 名[投票(8)]
★2ハリー・ポッターと賢者の石(2001/英=米)この物語を愛する人はレビューを読まない方がいいです。かなりひねくれたことを書いてしまいましたが、自分が子供の頃にこの物語に出会っていても、きっと同じ事を感じただろうという確信はあります。 [review]相田くひを, kazya-f, NAMIhichi, 緑雨ほか30 名[投票(30)]
★2竹取物語(1987/日)日本最古のSF「竹取物語」の映像化は、亡き円谷英二が熱望していた企画だ。この映画には、怒りすら湧かなかった。ただただ悲しかっただけだ。ペペロンチーノ[投票(1)]
★3丘の家のジェーン(1989/カナダ)モンゴメリサーガの映像化をライフワークとするケビン・サリバンの佳作。ジェーンと仲良くなるバンカラ浮浪少女を、まだかわいかった頃のサラ・ポーリーが好演。わっこ[投票(1)]
★3あおさぎと鶴(1974/露)チョロい痴話喧嘩でも、丁寧に見せられるとこんなに面白い。アオサギもツルも似たようなもんじゃねえかと思っていたのに、いつの間にかお話にのめりこんでいる。知ってる噺でも名人が語れば笑ってしまう落語の味わい。ペペロンチーノ[投票(1)]
★5ドラゴン怒りの鉄拳(1972/香港)この映画でのブルース・リーの怒りは、世界中の被差別者の勇気になった! [review]町田, 甘崎庵, starchild, ジョー・チップほか7 名[投票(7)]
★4少林寺(1982/中国=香港)公開当時のコピー「すべてが本物!」が忘れられない。今考えると、わずかではあるがニセモノも混ざってたような・・・ごう, てべす, ゼロゼロUFO, 甘崎庵ほか5 名[投票(5)]