コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] チィファの手紙(2018/中国)

思春期のある出来事がその人の長い人生に烙印を押されることはあると思う。岩井は真正直にこの作品で、行きつ戻りつ結局は過去の光点に拘って、緩く回転し続けているようである。
セント

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







驚くべきは、岩井のピュアな(そうに見える)思春期へのあこがれ、その永久感である。初期の作品群からのテーマ・イメージを30年近く経っても持ちこたえているその執拗さ。

彼の脳裏は今でも少年のみずみずしさ、すがしさが蔓延しているのか。それとも、徐々に薄れゆく少年性を保とうとして敢えて挑んでいるのか。

姉の同窓会に堂々と忍び込む冒頭の違和感と、小テーマである卒業式の答辞の文言のリフレイン(確か遺書も含め3度)には少々閉口したが、岩井ファンとしては彼の相変わらずのマニアック性を感得し、安堵感もあり。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。