コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] プリンセス トヨトミ(2011/日)

予告編から大阪人は絶対見なければならない、との信念で見ました。大阪を空白の時間にしてしまうほどの出来事とは一体、、。でも、うーん、ちょっとなあ、と言う感想かなあ。
セント

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







会計検査院が主役の映画って初めてではないかな?これが結構決まっていたけど、中井貴一の解決篇の説明も早すぎるし、大阪人の僕が見ていて、こんなことあらへんやろと思われるほど奇想天外でもないカラクリなのだ。どうせやるならもっとドカーンと大きなスケールで大阪人を動かしてほしい。

細かいことをこの映画は攻められるだろう。つじつまの合わないシーンが多すぎるよね。だってほとんどの不思議がミステリーになっていないから。(原作はどうか知らないが、、)

まあ印象に残ったのは冒頭の綾瀬はるかさんの思い切り白いブラウスと家康が秀吉の墓まであばいたという信じられないほどの神経質さぐらいか。(後者はホント?)娯楽作品としても最近の日本映画の水準より下ではあるまいか、と思われる出来。大阪人の吾輩は不平不満がいっぱいでありまする。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)kazooJTR[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。