コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ウェディング・シンガー(1998/米)

使い捨てるように大量消費される80'sナンバー。まさにワンコインで買えちゃう程度のお手軽なノスタルジー。
くたー

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







自分自身ベストヒットUSAやMTVの洗礼をモロに受けた世代。にも関わらずちっとも胸が熱くならない。センスよりも数で勝負みたいなブツ切りBGMとか、「コレって分かる?」みたいな背景や端々のセリフとかのお約束が、いちいち「気付け」と言わんばかりで押しつけがましい。ここまで自己主張が強いと背景が前面にしゃしゃり出て来てきちゃってる。それでなくとも存在感のない話だし。

背景もBGMも80年代で決めてかかってるクセして、話だけがそれについていってない。練られてないってのもあるけど、それ以前に古臭い。風俗も音楽も話も密接に関わり合ってこそ、初めて立体になって時代の空気ってのは伝わってくるもんだと思うのだが。『アメ・グラ』は後々まで残っても、この映画は残らないのはそういうことなんだろな。

などとグチりつつ映画が終わると、エンドクレジットのBGMが「ラジオ・スターの悲劇」。ズリいな〜、その曲は反則なんだよ(極私的に)。[2.5点]

(2002/10/5)

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)mize[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。