コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ランペイジ 巨獣大乱闘(2018/米)

わ〜って二時間楽しめればいいのかもしれないが、見過ごせないアラも多い映画。
プロキオン14

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







大きく分けて、二つ。「人間」と「巨獣」。まずは人間、一番にツッコミたいのは悪役二人、姉弟社長。姉は着替えてばかりのファッションショー、弟はどうみてもボンクラ。あの薬品開発を、何をどうしたら、それがお金になるのか意味不明。生物兵器か?それにしてはリスクが大きいし、宇宙センターが壊れた段階で、株価がどうとか言ってる場合じゃないし、巨獣が暴れている時点で、まだ隠し通せると思うのが正気じゃない。さらには「電波でおびき寄せる」のは判ったが、それがシカゴの自社ビルにする意味が 判らない。どこか、誰ひとり居ない山の上とか、絶海の孤島とか、そこでまとめてやっつけるか、解毒剤を投与する、なら判るが。

巨獣は、ゴリラ、オオカミ、三つ目はサカナ?ワニ?そいつはどうやってシカゴまでたどり着いた?湖から?予告編ではもっとたくさんいた気がしたが、意外に少なかったな、いやサンプルはもっと無かったか?予告編でムササビみたいなヤツがいたから、まだいると思ったが、オオカミが変身したとは思わなかった。っていうか、「鳥」もいても面白いと思ったが。いや、「人間」が薬品を浴びてってのもあり得るし。

で、オオカミやワニ?は元が何だったか判らないぐらいまで変身してたのに、ゴリラのジョージだけは、「そのまま」?

俳優はみながんばってました。ロック様も、ナオミ・ハリスも。意外なのがジョー・マンガニエロ(うっかり変換したら、「漫画にエロ」とでた)、もっと歳上の俳優が演じてもいい役。彼はどっちかといえばチョイ悪マッチョのイメージだが、こんな役にキャストしたのは面白い。

というわけで、面白い部分もあったが、ツッコミどころが多すぎな映画でした。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。