コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] るろうに剣心 伝説の最期編(2014/日)

4点はつけたけど、回を重ねるごとに、少しずつテンションというか、ワクワクが減ってきてると感じたのは確かだ。
プロキオン14

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







前作は「チーム竜馬伝」って感じの出演者が増えたようだけど、その「真打」の竜馬!じゃなく、比古清十郎こと、福山雅治が見所だということで、ここに結構重点を置いていたようです。そのおかげで、物語が止まってしまったように、私は感じました。

そして蒼紫戦。ここで、この映画で一番心に残るシーンが。翁が斃れたときに、黒尉(小久保丈二)のセリフ「ここで足を止めてはいけません!」と剣心に言い放つシーン。正直、黒尉さんは「脇役」です。蒼紫との戦いよりも心に残るのは「いいこと」ではないと思う。

もうひとつ、海岸での戦いの場面で、若い警官が、傷を追いながらも、敵に向かい、「誰かがやらねばならぬ・・・」とかいって斃れる所。斉藤一に「ご苦労だった・・・」と言われるところまで。ここが「2番目に心に残る」シーン。

どっちも物語の「本筋」ではないのだが、「本筋」より心に残るモブって・・・。

前作でそれなりに見所だった宗次郎(神木)と剣心の戦い。原作では宗次郎の「心が壊れる」→「欠落していた感情を取り戻す」という流れなのだが、彼の存在は、安慈の「説明セリフ」だけで流されてしまったから、宗次郎の「技」より「心」に訴えかける部分が、不十分のまま終わってしまった。

それは蒼紫との戦いも同じ。アクションはよかったんだけど、原作ではここでも蒼紫の「心」と向き合って戦った部分は、アクションの下へ沈んでしまった。そして「あの結末」では、操が蒼紫を「許す」気になれないのでは?と心配になる。

「映画」という短い尺の中に、長いストーリーを収めようとすると、そういう取捨選択は仕方ないと思うのだが、「大火編」よりもそのバランスは悪い気がする。

アクションでは、今回左之助が結構見せ場をもらっていた。それも「くすぐり」「金的」「バックドロップ」。原作であった安慈との交流が割愛されてしまったのは仕方ないけど、かえっていい見せ場をもらったと思います。

それに引き換え、斉藤Vs宇水は、5秒で終わった。というか、十本刀は前作の「刀狩の張」との戦いに、あれだけ熱を注いだのに、そのほかの部分は宗次郎も含め、今作ではほぼ見せ場なし。仕方ないのか。

最後の志々雄(藤原)との決戦は、アクションでも、一番力を注いでいた。藤原の貫禄、なかなかです。鋼鉄船「錬嶽」もこの場面に持ってくるのは「なるほど!」とおもいました。工夫しましたね。ただ「真っ昼間」じゃないほうがよかったと、ちょっとだけ思う。

どんどん出番が減る武井咲。作品自体が「剣心」中心でストーリーをすすめるから、それも仕方ないけど、まだまだ勉強が必要です。出番が少ないけど印象に残る蒼井優と比較すると、よく判る。

ラストシーンは・・・、まあ有りかもしれませんが、ちょっと突然だったのでびっくり。できれば、原作にあったシーン、「またながれるでござるよ」で旅立った剣心が、「ただいま」と言って、道場に戻ってくる場面。これで締めてもよかったと思う。

いちおう、映画化は「これで終わり」と言っていたが、もうワンエピソード残っているから、なんだか「またやりそう」な気はする。比古が剣心に「頬の十字傷」についてたずねるが、清里に切られた「一字」だけで、「十字」になる部分が三作では最後まで描かれなかった。「人誅編」は難しいが「追憶編」ならやりそうな気がするんだが、できれば、ここで最後にしてほしい!と原作ファンがおもう。

余談:たしか「錬嶽」は「大阪」に停泊していたはず。その後、剣心流れ着く、薫も流れ着く、そして京都に運ばれる・・・。ちょっと「京都」と「大阪」の間の距離を「うやむや」にしてしまったようだ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)IN4MATION[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。