コメンテータ
ランキング
HELP

イリューダさんのコメント: 投票数順

★3火垂るの墓(1988/日)「おとーさん、トトロ見に連れてって!」「ん?あのほのぼのとしたアニメか。よし、次の日曜に行くか。」「わーい!!」そういって映画館にやってきた親子連れに、矢吹丈ばりのカウンター。[投票(25)]
★4天空の城ラピュタ(1986/日)滅びの呪文、もうちょっと難しい言葉にしろよ!!間違えて言っちゃったらどうすんだ。[投票(23)]
★3サマーウォーズ(2009/日)びっくりだ。おもしろくない。 [review][投票(21)]
★2タイタニック(1997/米)わかりました。何故私がこの作品が嫌いか、ご説明しましょう。 [review][投票(18)]
★4スタンド・バイ・ミー(1986/米)男の子は10歳までは母親の支配を受け、13歳からはいい女に支配される。その間にある男の子が真に自由な瞬間。男なら誰しも、かけがえのない思い出があるんじゃないですか。[投票(15)]
★3フォレスト・ガンプ 一期一会(1994/米)ある意味罪深い作品。 [review][投票(14)]
★2笑の大学(2004/日)期待はずれ。 [review][投票(11)]
★2レオン(1994/仏=米)リュック・ベッソンって、過大評価の代名詞みたいな人だ。ゲイリー・オールドマンのわざとらしい演技も興ざめ。[投票(10)]
★5風立ちぬ(2013/日)不思議な映画です。でもいい映画です。かつて宮崎駿監督は「戦争に勝ってもいいことはあまりないけど、戦争映画だけは作りやすくなる。敗戦国は屈折に屈折を重ねて作るしかない」と皮肉交じりに語っていましたが、不思議とこの映画に屈折は感じませんでした。 [review][投票(9)]
★5ホテル・ルワンダ(2004/伊=英=南アフリカ)これはわたしの為の映画であり、あなたの為の映画である。 [review][投票(9)]
★3ローレライ(2005/日)白い人は何をしたいのか解らない。 [review][投票(9)]
★3チャップリンの 独裁者(1940/米)確かに最後の演説は感動する。だけどね [review][投票(9)]
★1耳をすませば(1995/日)何でか、ヤローの友達と二人で見た。オールナイトで。きつかった。[投票(9)]
★4時をかける少女(2006/日)物語の豊かさとは、本筋にあまり関係ない場面や台詞が魅力的であることだと思う。「まだまだ歌うよー!100曲は歌うよー!」「これがうちの妹がバカでさー」「女投げやめろ、肩で投げんだよ肩で!」うん、いい。[投票(8)]
★3ハウルの動く城(2004/日)観終わった後、しばらく鈍い偏頭痛が頭の中でうずいていた。 [review][投票(8)]
★5ミッドナイト・ラン(1988/米)中年男同士の友情は悲しく、滑稽で、たまらなくかっこいい。 [review][投票(8)]
★1シベリア超特急(1996/日)映画界のデスクリムゾン!!せっかくだから俺は1点をつけるぜ。[投票(8)]
★1雲のむこう、約束の場所(2004/日)観なきゃよかった。 [review][投票(7)]
★5ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還(2003/米=ニュージーランド)偉大な物語は寓話的解釈を必要としない。 [review][投票(7)]
★2バトル・ロワイアル(2000/日)原作のよさの十分の一も伝えてない。きめ台詞をいちいちテロップにして出す稚拙な手法がさらに見る気をそいでいく。TVのバラエティー番組じゃないんだからさ。[投票(7)]