コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] トラック野郎・突撃一番星(1978/日)

この作品を思い出すと、原田美枝子じゃなくて樹木希林の方が頭に浮かぶ。
甘崎庵

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 シリーズ第7作となった本作は、マドンナに原田美枝子を迎え、当時流行となっていたUFOネタを盛り込み、1978年邦画興行成績10位と大健闘。

 流石に7作目ともなると、パワーの低下は否めず、物語に関してはほとんど何も言うべき事がない。ライバルキャラとして川上拓三が登場したことくらいか?菅原文太に川上拓三って、この二人が組むと、どうしてもヤクザ映画を思い出させてしまうのだが、全く異なる役柄を二人とも上手くこなしてる。

 物語に特徴がない分、そのテコ入れか、今回は時事ネタや水着、動物ネタと相変わらず節操なくいろんなものをぶち込んで、更に新レギュラーとしてせんだみつおまで取り込んでる。

 ただ、このせんだみつおの起用は果たして成功だったのかどうか。はっきり言ってしまえば存在感そのものが鬱陶しいだけという気がするのだが、当時はそれが受けたのかな?それよりも今回はライバルキャラとして登場した川谷拓三と、樹木希林の存在感の方に軍配を上げたい。川谷拓三はいつもは噛ませ犬役ばかりだが、この作品に関しては根性見せてるし、それ以上に不気味な笑みを見せつつ男衆に絡んでくる樹木希林の存在感は、芸風を確立した感があり。

 オープニングショットの暗闇にぽっと出現する原田美枝子の姿も印象に残る。

 今回の由利徹は写真屋。いつの間にか桃次郎を煙に巻いてえり子とのツーショット写真を撮ってもらい、更に料金までいただくという妙な役で登場した。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。