コメンテータ
ランキング
HELP

なつめさんのコメント: 更新順

★5寝ても覚めても(2018/日)うまくまとまらない。 [review][投票(3)]
★3SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018/日)おとなしめの篠原涼子、イケてない広瀬すずが新鮮。 [review][投票(1)]
★4カメラを止めるな!(2017/日)グロいの怖いのが駄目な私にとって最初で最後の“ゾンビ映画”だ。 [review][投票(2)]
★4リメンバー・ミー(2017/米)映画をみながら自分の祖父祖母、あるいは亡くなった懐かしい人を思い出していた。 [review][投票]
★4シェーン(1953/米)話し合うことができない相手にどうやって対抗したらいいのか絶望し、あるいは命を大切にするために逃げる選択をするのも致し方ないと思ってしまう。強くて負けないシェーンを格好いいと思いながらも、 [review][投票(1)]
★4グレイテスト・ショーマン(2017/米)冒頭、 [review][投票(3)]
★4スリー・ビルボード(2017/米=英)主人公の強さに感嘆はするが共感できない激しさに、みている私はどんどん冷静な第三者になっていった。 [review][投票(1)]
★3シェイプ・オブ・ウォーター(2017/米)水棲人間は一見グロテスクなんだけど均整のとれた体つきでよく見ると美しい。ただグロテスクなだけだったら友情どまりだったかもしれない。美しさとある程度の知性がないと恋まで発展しないだろう。 [review][投票(4)]
★3buy a suit スーツを買う(2008/日)ギクシャクした雰囲気になりかけたところの山口さんの手紙。 [review][投票]
★3つぐみ(1990/日)エキセントリックなつぐみを牧瀬里穂が演じ、まりあ役の中嶋朋子がしっかりそれを受け止める。 [review][投票]
★4東京兄妹(1994/日)冒頭の構図がまず素晴らしい。物語がまだなにも始まっていないのに既に何かを語っている。 [review][投票]
★3ローマ法王になる日まで(2015/伊)栄光への道なんていう華々しさはまったくない。軍事政権下での弾圧や立場の苦しさが非情に描かれる。 [review][投票]
★5彼らが本気で編むときは、(2017/日)リンコさん登場シーンは『グロリア』でのジーナ・ローランズ登場と同じくらい衝撃的だった。つまり、一気に惹かれた。たたずまいが素晴らしい。その初対面の姿形で既に内面も体現していたのは見事だ。何故思い出したのかは自分でもわからない。 [review][投票(1)]
★3はじまりへの旅(2016/米)便利な環境から離れて自然の中で極端に思える生活をしている家族。自給自足の生活はのんびり過ごしているわけではなく、高度な教育・戦術・肉体鍛錬を行うかなりストイックなものだった。 [review][投票]
★4北北西に進路を取れ(1959/米)スパイに間違われて大迷惑のケイリー・グラントが生き延びるためとはいえ本当にスパイのように行動できちゃう。人は、そう扱われるとそうなっていくのね、なんて。 [review][投票(2)]
★5教授と美女(1941/米)ゲイリー・クーパー以外の教授たちがおじいさんたちで本当に7人のこびとのようにかわいらしい。これほどおじいさんたちを愛でる映画だとは思わなかった。 [review][投票(1)]
★4汚名(1946/米)ケイリー・グラントがクールすぎるだろ、イングリッド・バーグマン演ずるアリシアが健気で不憫でたまらなかった。 [review][投票(2)]
★3劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語(2013/日)前半は、魔法少女が勢揃いして戦うというサービス的な展開。「魔法少女」と言われたときに普通に想像する戦いかたで、ものすごいスピード感で楽しませてくれます。マミさんとほむらちゃんの戦いが見応えある。杏子&さやかの描き方も嬉しい。 [review][投票]
★4シン・ゴジラ(2016/日)ゴジラの第二形態のぬいぐるみが欲しいです [review][投票]
★5ベイマックス(2014/米)ロボットはやはり、どこか完璧さに欠けていたりぎこちなさが残るのがいい。それがロボットの愛らしさであると思うので……。 [review][投票(1)]