コメンテータ
ランキング
HELP

とっつぁんさんのコメント: 更新順

★4ロイ・ビーン(1972/米)話の展開がいいですね。そして締めくくりもよい。アンディー・ウイリアムスの歌も好きです。あの場面は『明日に向かって撃て』を連想しますね。[投票(1)]
★3今そこにある危機(1994/米)ハリソン・フォードが怪我ひとつないないのはあまりにも不自然。それだけでも緊張感をそいでしまう。[投票]
★3ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記(2007/米)ミステリー映画というよりは実写版のゲームという感じ。1つのステージをクリアすると次に進む。なお、各ステージはきわめて簡単です(少なくとも、そう見える)。[投票]
★4マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋(2007/米)「子供」のためではなく、大人のためのおとぎ話。[投票]
★2フォーガットン(2004/米)噂には聞いていましたが... [review][投票]
★2ヒトラーの贋札(2007/オーストリア=独)題材にしては緊張感も感じられなかったし、主義主張も汲取れなかった。アカデミーも収容所を扱っているだけで賞を与えるのはやめてほしい。[投票(3)]
★2マグノリア(1999/米)「それで、何が言いたいの!」と言いたくなるぐらい、長いのに感動も驚きもなかった。[投票]
★3マンマ・ミーア!(2008/米)十分楽しいのですが、昔のヒット曲を使いまわす点が気に入りません。[投票]
★2ハプニング(2008/米)やぱりシャマラン(『シックス・センス』を除く)。ところで、幌に穴がなくても、そんなに密閉性はないと思うのだが...。[投票]
★2インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(2008/米)冒険家とフーテンは年寄りじゃ絵にならない。どの場面も前三作の焼直しのようで面白みがない。[投票(1)]
★1ハッカビーズ(2004/米)変な映画は好きなんですが、これは終始不快感が付きまとう。誰にも共感できなし、笑えない。[投票]
★2奥さまは魔女(2005/米)ニコール・キッドマンは魅力的かもしれないが、ラリーがいない『奥さまは魔女』なんて![投票]
★3旅するジーンズと16歳の夏(2005/米)普通の少女青春ものだった。 [review][投票(1)]
★4シーラ号の謎(1973/米)ジェームズ・コバーン目当てで見たのですが、 [review][投票(1)]
★3恋するレシピ 理想のオトコの作り方(2006/米)典型的な展開だけど、それでもそれなりに楽しめます。動物がらみはくどい気がするけど、最後のまとめ方はちょっと面白いかな。[投票]
★4ショウほど素敵な商売はない(1954/米)かなり冗長な感じで3〜2点という感じだったけど、エセル・マーマンが歌う主題歌だけでも4点の価値あり。[投票]
★4スティーブ・マーティンの ロンリー・ガイ(1984/米)ニール・サイモンの自虐的ギャグなのだろうか。橋の場面が最高。[投票]
★2フライトプラン(2005/米)ネタばらしまでは結構面白いけど、ネタを考えるとプロットは穴だらけ。それに娘がいなくなって緊急事態とはいえ、あの母親の傲慢な態度は酷過ぎる。 [review][投票(6)]
★3ライラ フレンチKISSをあなたと(1999/米)メリーに首ったけ』にのりが似ている。「『ルームメイト』」が笑える。[投票]
★4エアポート’75(1974/米)大空港』に比べると周りの人の描き方が浅く、良くも悪くもカレン・ブラックの独壇場。そして緊張感が高かったという点で一番のクライマックスは、宙吊りのパイロットが乗り込んでくる場面でも、ラストでもなく、彼女が操縦している場面。ジョン・カカバスの音楽も緊張感と不安感を高めるていた。 [review][投票]