コメンテータ
ランキング
HELP

とっつぁんさんのコメント: 更新順

★2アローン(2017/仏)ラスト、 [review][投票]
★3アブダクション(2017/カナダ=米)出だしはサスペンス風だが、B級SFホラー。締めくくりが良い。[投票]
★5クレイジー・リッチ!(2018/米)ハリウッド流のシンデレラ・ストーリ、結末はわかっていても楽しめる。硬軟の二人ミシェール・ヨー/オークワフィナが脇を締め、それぞれの登場で場面の色も変わる。 [review][投票]
★2ワイルド7(2011/日)緊張感もないし、7である必要もない。戦い方が単調で、どの敵も小粒。[投票]
★2ローマンという名の男 信念の行方(2017/カナダ=アラブ首長国連邦=米)サスペンスとしての紹介が多いが、サスペンス感はあまりないので、それを期待すると失望する。あくまでも主人公の信念はあるが不器用な生き方を描いたドラマ。個人的にはラストに救いを感じるが、主人公の言動には共感できない。[投票]
★3プライム・ターゲット(2016/ベルギー)ツッコミどころはあるけど、プロットは悪くない。後半はテンポ良いのに、前半がやや単調。[投票]
★3ポリーナ、私を踊る(2016/仏)個人的にはバレエの方が好きなのですが、最後のダンスは良かった。[投票]
★3崖っぷちの男(2012/米)プロットは良いけど、細部が雑。惜しい。[投票]
★450年後のボクたちは(2016/独)ハチャメチャな展開だが、それもまた良し。[投票]
★2ダークフィアー 逃亡者(2015/米)プロットは悪くないが、全体的に低予算感が漂っている。脚本を練り直して、予算をかければ、それなりのSF映画になるのに。[投票]
★3アメリカン・アサシン(2017/米)復讐に燃える若者をベテラン・ガンマンが指導する現代版西部劇。手法はマカロニウェスタンに近いけど。[投票]
★2劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命(2018/日)「劇場版」というよりTVの「特番」といったレベル。TVシリーズを見ていない人には、お金を払ってまで見る価値はなし。[投票]
★3ハドソン河のモスコー(1984/米)サックスが物悲しさを出していて効果的。なぜ邦題には「河」がついているのか。それも「川」ではなく。謎だ。[投票]
★4モリーズ・ゲーム(2017/米)ジェシカ・チャステインが出ていたので見たが期待は裏切られなかった。演技、緊張感のある展開、納得のラスト。ケヴィン・コスナーは削っても良かったのでは。[投票]
★3ファースト・キル(2017/カナダ=米=英)多くの映画紹介サイトのあらすじはネタバレだと思う。とは言っても、簡単なネタだけど。[投票]
★3ヒトラーに屈しなかった国王(2016/ノルウェー)当事国には大変重要な事実であろうが、第三者として見るしかない。目先の損失が多くとも国としての存立を考慮すると国王の決断は順当なもの、特に後世から見ると、特段感銘を受けるものでない。映画としては、冗長で、最初に敵艦を攻撃するところ以外は、緊張感にかける。[投票]
★4家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018/日)浅いなりに結婚を真面目に考えた作品。[投票]
★3探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013/日)プロットは良いのに、マスク集団とかカーチェイスとか不要な部分が多すぎる。[投票]
★3探偵はBARにいる(2011/日)それなりに楽しめるけど、大泉洋ではハードボイルド風にしかならない。[投票(1)]
★4世界は今日から君のもの(2016/日)起伏のある話ではないが、社会に関わっているとはいえ、性格は引きこもったままの主人公を応援したくなる。門脇麦の演技が、そういう気持ちを誘う。 [review][投票]