コメンテータ
ランキング
HELP

さんのお気に入りコメント(1/11)

リチャード・ジュエル(2019/米)★3 事件の進行を見せる部分は、さすがの緊張感。普通に良い映画だ。真犯人を描かないのは、選択と集中の一環だからいいのだが、学園長のような中途半端なキャラ(アホの類型)は気になる。FBI捜査官のジョン・ハムもそう。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
パラサイト 半地下の家族(2019/韓国)★3 無計画が一番 [review] (ぱーこ)[投票(1)]
パラサイト 半地下の家族(2019/韓国)★3 「リスペクト」できない。どうも私はポン・ジュノの「匂い」が苦手のようだ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(8)]
スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019/米)★1 スター・ウォーズは3度死ぬ [review] (Orpheus)[投票(13)]
リチャード・ジュエル(2019/米)★3 そりゃ捜査機関の横暴やマスコミの下衆っぷりは洋の東西を問わず酷いものがあるってのわかるけどさ。 [review] (K-Flex)[投票(2)]
スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019/米)★4 愛憎相半ばに入り乱れるも、矢張りこの評価でいい。☆4.0点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(4)]
ジョーカー(2019/米)★3 なんだ。お前、その程度の奴だったんだ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(9)]
ジョーカー(2019/米)★4 テロリストの一分。 [review] (おーい粗茶)[投票(7)]
ジョーカー(2019/米)★4 このジョーカーがバットマンと闘っている姿が想像できない。 [review] (tkcrows)[投票(14)]
ジョーカー(2019/米)★3 [ネタバレ?(Y1:N5)] 解釈の多様性によって作品の「リアル」の強度が犠牲になってもいいのか [review] (SOAP)[投票(6)]
ターミネーター:ニュー・フェイト(2019/米)★4 逃げる戦う逃げる。。良くも悪くも原点回帰。 [review] (おーい粗茶)[投票(4)]
ラ・ラ・ランド(2016/米)★3 やはり歌唱シーンではA Lovely Nightが最も優れており、ここはあのLAの夜景が見える丘のロケーションを選べた時点でもう勝ちだったと思う。そうした歌唱シーン幻想シーンには評価すべきところもあるのだが、ドラマ部分の演出が平凡というか力押しなところがありどうにも退屈である。なんというかミュージカル映画というジャンルにおける『シン・ゴジラ』みたいな作品だなと。 [review] (Sigenoriyuki)[投票(8)]
真実(2019/日=仏)★3 「産んだら誰でも母親になれるの?」 「生まなきゃなれないでしょう」。前作で掲げたクエスチョンの回答に、是枝は近づけたのだろうか。 [review] (jollyjoker)[投票(3)]
パール・ハーバー(2001/米)★1 ひとことで言えばとんでもないゲスな映画だったが、この映画で描かれた真珠湾攻撃を見て、特撮好きとしてどうしても感じずにはいられなかったことがある。 [review] (ペンクロフ)[投票(16)]
天気の子(2019/日)★3 見終えた後、 「こんなサイコパスな帆高という男に付きまとわれて陽菜ちゃん可哀そうすぎる。早々に理解ある大人と出会ってその人と幸せになってほしいな」 と思いました。本気で。そう感じさせた時点でこの映画はダメダメだと思う。 [review] (れーじ)[投票(5)]
世界の中心で、愛をさけぶ(2004/日)★3 普通の製品でした。 [review] (ペンクロフ)[投票(13)]
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019/米)★2 「どうかお許しを」の寝返りラドンの平伏が象徴する東宝チャンピオン祭りの今更の復刻テイスト。音楽・武器・キャラなど原シリーズの摘まみ食い的な意匠投入も半端なので食い合わせの悪さだけが残る。見たいのは日常の風景の中の怪獣でCGプロレスではない。 (けにろん)[投票(6)]
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019/米)★4 「ご覧、あれが……」令和元年6月1日、初めて娘たちと映画館でゴジラを見る。念願成就に、何も言うことはない。 [review] (kiona)[投票(7)]
ラ・ラ・ランド(2016/米)★3 ミュージカル映画なんて絶滅危惧種だったものをミュージカル映画史上にきっちり位置させて大ヒットを飛ばしたところが何より嬉しい。よくぞ延命させてくれました。でも総体で見ると、凄く評価したいところと、全然評価できないところが両方あって、採点が難しい。 [review] (ロープブレーク)[投票(1)]
亀は意外と速く泳ぐ(2005/日)★2 今となってはねえ…。一線級の俳優の無駄遣いとしか思えない。三木聡監督も試行錯誤の時期だったんだろうけどさ。 (solid63)[投票(1)]