コメンテータ
ランキング
HELP

ぱーこさんのお気に入りコメント(1/102)

その日のまえに(2008/日)★3 あくまでもB級にこだわる大林宣彦監督の意地がこぼれていますね。 [review] (chokobo)[投票(1)]
その日のまえに(2008/日)★1 大林宣彦の『崖の上のポニョ』の噂は本当だった!黒澤好き大林に『生きる』の題材を与えたら『どですかでん』にしてしまった珍品。(レビューはちょっとだけ『ポニョ』ネタバレも含むよ) [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
私の頭の中の消しゴム(2004/韓国)★3 アルツハイマー病を不幸を盛り上げるための一要素として使っているのが見え見えな感じで、その要素がなければ、幸せ街道まっしぐらのいちゃつきカップルのおのろけ映画にしか見えない。 [review] (わっこ)[投票(2)]
仄暗い水の底から(2001/日)★4 終盤で情緒過多なメンタリティに陥り予想を超える展開にならぬ物足りなさがあるが、神経症的不安感の表現に於いてポランスキーコーエンのレベルに迫ったと言えば誉めすぎだろうか。ともかく老朽マンションの美術やどしゃぶりの雨の効果など圧倒的。 (けにろん)[投票(1)]
シン・エヴァンゲリオン劇場版(2021/日)★5 後付け設定も多くシナリオは完璧とは言い難い。が、TV版にあったようなキャラの共闘や各キャラの主役タイムがちゃんと用意されており、改めてエヴァは謎解きアニメではなく萌えキャラロボットアニメなんだな〜と再認識。児ポギリ描写が多いのは感心しないけれど、サービスサービスってか? とりま庵野のエヴァの呪縛は解けたようでなにより(2021/03/08鑑賞) [review] (IN4MATION)[投票(1)]
スパイの妻(2020/日)★3 逆賊の妻に堕ちる決意に世界視野の判断なぞ微塵も関与しない女の性に黒沢は元より関心がないのに女優蒼井優の表現力が辛うじて崩壊を繋ぎ止めてしまう。それでも一大クライマックスになる筈のスクリーン前での大見得は展開の表層性ゆえに虚しく空転。 (けにろん)[投票(4)]
子猫をお願い(2001/韓国)★3 何処かいい居場所はないか子猫チャン。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
ツイン・ピークス(1990/米)★5 「『ツイン・ピークス』の事ならわたしに語らせろ!」 marina編  [review] (m)[投票(7)]
私をくいとめて(2020/日)★3 お一人様を肯定してくれる内的多重人格との訣別を描いているが、こんなにも3歩進んで2歩退がる的では大丈夫なのかと思える。欧州旅行の件は何の為だったのか。温泉旅館で女芸人を慰み者にする男達への怒りの発動のようなエモーションこそ脱却の要件のはず。 (けにろん)[投票(2)]
私をくいとめて(2020/日)★3勝手にふるえてろ』で大九明子のシゴキのような要求に松岡茉優は体育会的ノリで応えていた。のんは「脳内アドバイザー」と会話する解離症寸前の本当はヤバイ状態の女を、持ち前の暖簾に腕押し的しなやかさで、いかにもなアラサー女に見せてしまう。 [review] (ぽんしゅう)[投票(9)]
はりぼて(2020/日)★4 全員クソ野郎 [review] (ペンクロフ)[投票(4)]
TENET テネット(2020/米)★3 オスロ空港での飛行機激突の見せ方は、とてもスペクタクル。こゝが一番良かった。逆行順行の同居は、見たことのない画面になって面白いシーンもあるが、概ね混乱しているだけに思える。音で誤魔化されてる気がする。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
TENET テネット(2020/米)★3 ブラナーが逆行をどう利してるのか不明で、主演コンビがやってることが自作自演の絵解きにしか見えない。ノーランはリアルな世界の軸が見えてないのでスパイ映画ってもガキのお遊びになる。そんなに逆回しがオモロイのか、よかったねとしか言えない。 (けにろん)[投票(6)]
TENET テネット(2020/米)★3 いなとこてっうどな映画。 [review] (G31)[投票(7)]
パヴァロッティ 太陽のテノール(2019/英=米)★4 たいへん豊かな伝記ドキュメンタリー映画だ。膨大な映像ストックがあったのだろうから、これぐらい見事な伝記映画を作ることができて当たり前かも知れないが、その大変さも思われる。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
馬(1941/日)★5 奇跡が、フィルムに映っている [review] (ペンクロフ)[投票(2)]
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017/日)★3 絵面は福田雄一なんかと比べればよほど映画的だけど、荒木先生の絵画的構図までは培えず。三池監督にしては奇妙なほどの原作への配慮は感じられたが、本がダメ。ジョースター家の血について、ちょっと一言よろしいかしら。 [review] (kiona)[投票(2)]
泥棒成金(1955/米)★3 ヒッチコックの夢 [review] (テトラ)[投票(2)]
引き裂かれたカーテン(1966/米)★3 ヒッチコックの緩んだ戒律。 [review] (ジェリー)[投票(3)]
斉木楠雄のΨ難(2017/日)★3 橋本環奈のダミ声と安産体型を活かす役柄って何かな〜と思案したんだが、『うる星やつら』のしのぶしか思いつかない。うん、しのぶは適任だ。でも今さら実写化は無いだろうし、彼女の顔と声のギャップを強みにするにはどうしたらいいんだろう。 [review] (ロープブレーク)[投票(2)]