コメンテータ
ランキング
HELP

ぱーこさんのコメント: 更新順

★3サバイバルファミリー(2017/日)話★2.5 役者★3 撮り方★3 それなりに失電のシュミレーションを丁寧に描いてくれる。葛藤のドラマは殆どなく、一本調子で過ぎて行った。 [review][投票]
★4ロボジー(2012/日)バランスの妙だね。話★3.5 役者★3.8 撮り方★3 直前に見たサバイバルファミリーと比べてややこっちかな、と思って★4つ。[投票]
★4gifted ギフテッド(2017/米)数学の才能を見せる少女とそれを取り巻く大人の話。数学関係には深入りせずに 周りの様子を過不足なく丁寧に描いて好感が持てる。 主役の少女が舌を巻くうまさ。[投票]
★3探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013/日)後半脚本練ってるな、と思った。話★3.5 役者★3 撮り方★3 [review][投票]
★4すれ違いのダイアリーズ(2014/タイ)筏を組んだ水上小学校分校教師。物語はナイーブでラストもよいです。タイの自然もきれいでした。[投票]
★4甘い生活(1960/伊=仏)パレード、サロン、そしてサーカス。ニーノロータの哀感。モノクロ画面も美しくフェリーニ調のイメージの連鎖。長くは感じませんでした。NHK-BSで見ました。[投票]
★3日の名残り(1993/英=米)原作と映画化 [review][投票(1)]
★3IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017/米)スタンバイミー・グーニーズにエクソシスト絡めてキャリーも少し。見なくてよかったかも。 [review][投票(1)]
★3殿、利息でござる!(2016/日)時代劇ってのは、つまるところコスプレショーなんだ、と思って見る。松竹伝統の人情劇。役者4、話3、見せ方3[投票]
★3クヒオ大佐(2009/日)日米安保条約に守られた日本といういかがわしさと結婚詐欺のインチキさをブレンドして、そこにみみっちい愛を重ねると堺雅人になるってもんだが、やはりそれぞれ無理がある。 [review][投票]
★4セールスマン(2016/イラン=仏)最後を除いてはBGMもなく、意味を見いだそうとする映画的仕掛けがない。なんだかよくわからないうちに最後のクライマックスが圧倒的。はっきりした結論も与えず、放り出す感じが映画と言うより現実だろ。早稲田松竹満員。[投票]
★3ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)撮り方『メッセージ』と同じじゃん。話だけなら30分で終わるだろ。 [review][投票(2)]
★4アウトロー(2012/米)いいんじゃない。トムの使い方がいい。脚本も謎を絡めて合格点。悪役にもう少しクセのある奴が欲しかったが。女との絡みがないのもいいです。[投票]
★2バリー・シール アメリカをはめた男(2017/米)なんでこれを映画化しようとしたかわからない。腕のあるパイロットがヤクと武器の運び屋になる、ってだけの話。トムも走らないし。[投票]
★4SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者(2012/日)今更ながらにamazon primeで3作目を見ました。熱意だけの映画かと思っていたが、これがどうしてなかなか構成も長回しもしっかり映画してくれます。日本語ラップも快調です。[投票]
★3アウトレイジ 最終章(2017/日)お笑いでなし、実録物でなし、なんとも中途ハンパで役者を見ようにもたけし入れて3人ほどしか見られない。[投票]
★3僕のワンダフル・ライフ(2017/米)いかにもラッセ・ハルストルムの映画。家族で見られるヒューマンドラマ。過不足ない映画でした。 [review][投票]
★4ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016/米)定番ヒーローに親子の情とバディ女少佐を絡めて、順調の進行。バランスもよい作り。後90秒後に電話が鳴る。って出だしもうまいと思います。[投票]
★4誘惑(1948/日)原節子の微笑を媚びとまで言うのは言い過ぎだが、仕える女の表情だ。 [review][投票]
★3マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016/米)まともな映画で好感がもてるが、、、 [review][投票]