コメンテータ
ランキング
HELP

ぱーこさんのコメント: 更新順

★3ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー(2018/米)スターウォーズシリーズの番外編でも地味な話に見えてしまう。 画面は暗くてよく見えないし、チューバッカとミレニアム・ファルコン号がまあ写っていたのと相変わらずのジョン・ウィリアムズの音楽でスターウォーズ感が出ていた。 [review][投票(2)]
★4心と体と(2017/ハンガリー)文学的少女漫画映画。日本だとこれは少女漫画の世界の作品だと思う。美しい女の頑なさと孤独な男の寄る辺なさがよく呼応してそのファンタジーを支える屠殺シーンがある。いいたいことはあるんだが [review][投票(1)]
★3デッドプール2(2018/米)時間が合うので見たら、日本語版だった。ま、時間つぶしなので仕方ない。これがXメンだという必要があるのか。どっかで見たような画面ばかりだし、きっとおもしろいんだろうな的逆具も食傷気味。妙におセンチになって、、、 [review][投票(1)]
★3万引き家族(2018/日)ジャーナリストになりきれなかった監督が作ったドキュメンタリー風作品、とでも言ってみたい。 [review][投票(4)]
★2終わった人(2018/日)ミスキャストはスタッフにも及ぶ。中田秀夫が原作読んで自分で企画を持ち込んだ、ということだがどこがコメディだよ。中高年がみな自分の事を描いたと思う、とか寝言もいいとこ。渋谷東映、観客15名。だれも笑わなかった。山田洋次にすればよかった。 [review][投票]
★3ワンダーウーマン(2017/米)美人戦士ダイアナ。話★3、役者★3、見せ方★3。第一次世界大戦とギリシャ神話のミックスとか。古き良きロンドンにあのコスチュームとか。美人と共にいろいろ楽しめた。[投票]
★3スティーブ・ジョブズ(2015/米)結局は人間ドラマ。発表会を軸にドラマを作り上げる手腕はまずまず。役者★3、話★3、見せ方★3。ジョブズのキャラクターの見せ方も★3。[投票]
★3レディ・プレイヤー1(2018/米)話★3、撮り方★3、役者★3。スピルバーグと2つ違いの私は80年代からのネタはほとんど懐かしかった。スターウォーズの絵柄でも思うけど、できるからってなんでも画面にぶち込むのは文化の違いかも。私にはうるさい。 [review][投票(2)]
★4セブン(1995/米)映像のセンスで見てしまうけど、デビット・フィンチャーはもてあそんでいる感じがする。その手際をすごいでしょうと見せつけられる気がして好きじゃない。 [review][投票]
★4時をかける少女(1983/日)これは好きだなあ。タイムワープしている時のコマ落としの映像にカットバックで波のシーンが入る。その時の音楽がいい。それ全部ですごくセンチメンタルになれる。原田知世の女子高生もいいです。夜の火事もドキドキする。温室のシーンもいい。 [review][投票(1)]
★3グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997/米)時代は変わる。この佳作に233のコメントがついている。シネスケの黄金時代を思う。何より自分に刺さるはずの映画に平凡な感想しか抱けない自分に驚いた。20年しか経っていないのに。netflixで2018年初見。 [review][投票(2)]
★4夜明け告げるルーのうた(2017/日)技術的には湯浅ワールドが炸裂していて文句の付け所がない。 話が★3つ キャラクターも★3つ 技術に惹かれておまけの★4つ。 [review][投票]
★4赤ちゃん泥棒(1987/米)相変わらずのヘンテコな登場人物にまいる。でも扱っているのは自然な情愛でコーエン兄弟にしては珍しくとっつきやすい作品と思いました。 [review][投票]
★315時17分、パリ行き(2018/米)普通の映画。 [review][投票(1)]
★4リメンバー・ミー(2017/米)ピクサー・ディズニーは鉄壁な表現力。話★4 技術★5 キャラクター★4 [review][投票]
★4バーン・アフター・リーディング(2008/米=英=仏)隠しようもないコーエン節。なんとも奇妙な味わい。大物使ってもやることは同じ。 [review][投票]
★3ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017/米)家族愛、友情、自尊心ときて結局は人情モノなのね。1980年代の曲は素敵だったけど。[投票]
★5人生タクシー(2015/イラン)究極のロードムービー。ドキュメンタリー風の演出が少し気になる。この映画はもっと見られていい。★4と★5の間だが、いま平均4.5なのでこれを5に近づけるため★5にしました。[投票(1)]
★4映画 聲の形(2016/日)声の形を獲得したのは主人公。聾唖者硝子は暗黒装置。ベストなキャラは植野直花。京アニの仕事ぶりには感嘆。 [review][投票(2)]
★4ちょっと今から仕事やめてくる(2017/日)直前に「君の膵臓を食べたい」を見たので、点が甘くなった。漫画的ブラック企業だが、いじめ部長がリアリティあるわ。 [review][投票]