コメンテータ
ランキング
HELP

ぽんしゅうさんのお気に入りコメント(340/365)

田園に死す(1974/日)★5 時計仕掛けの俺んち。知覚の襖。胸に響くは、「母さん、私をもう一度妊娠して下さい。」 [review] (町田)[投票(11)]
学校の怪談4(1999/日)★4 夏に相応しい一品。親子でドウゾ!と薦めるだけではあまりにもモッタイナイ佳作。 [review] (ボイス母)[投票(10)]
俺たちに明日はない(1967/米)★3 駆け抜けきれない(ゆえに)青春。(レビューはラストに言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(12)]
時をかける少女(1983/日)★3 原田知世とラベンダー、よく思い付いた! [review] (Myurakz)[投票(6)]
青春の殺人者(1976/日)★5 〜ペニス傘さし、ホーデン連れて、行けよアヌスのふるさとへ〜息子は母親の胎内から生を受け、違う女に性を求めて、母親の胎内を想うのだろうか。・・・でも、想っても想っても二度と母の胎内へは戻れないのだ。 [review] (半熟たまこ)[投票(8)]
遊び(1971/日)★3 関根恵子・瞬間最高女力の目「あんたについていくって、決めたの。」 [review] (picolax)[投票(4)]
ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/独=米)★5 「今」だけを切り取った映画。 (ネギミソ)[投票(6)]
アラバマ物語(1962/米)★4 少女の鼻唄。おもちゃ入りの箱。クレヨンで描かれた鳥。チッチッチッと音を鳴らす時計。転がるビー玉。二つのビー玉のカチリという衝突音とともに弾けるバーンスタインの音楽。映像と音が重なり合って成し得た魔法のオープニングに、映画としての喜びが集約されている。 [review] (ろびんますく)[投票(13)]
キング・コング(1933/米)★4 約30年後に日本に渡り、さらに帯電体質となり、自分と同じ巨大生物と戦うことになろうとは、コング自身は想像もしていなかっただろう。 (タモリ)[投票(3)]
ストレイト・ストーリー(1999/米=仏=英)★3 あまりのゆったりとしたリズムに正直前半戸惑う。中頃、映画と自分のリズムが合い出してからジワジワと気持ちに入り込んでくる。気付けば心はすっかりおじいちゃんに。2時間で50年の歳をとった気分がします。これは結構幸せだ。 [review] (Myurakz)[投票(7)]
ボクサー(1977/日)★3 文太&シミケンのスポ魂ストーリーと、天上桟敷な人々ワールドが、全く渾然一体とならないまま、具志堅とかファイティング原田がでてきて、なんだかもう・・・。 [review] (worianne)[投票(2)]
男はつらいよ 奮闘篇(1971/日)★4 サブテーマがとても重い。この映画でいうところの「頭が薄い者」がどう生きれば幸せなのかが今の私にはまだよくわからないし、この結末を完全に受け入れられるわけでもない。ただ、サクラの一貫した寅や花子へ向けるまなざしには、とても惹かれるものがある。 [review] (tredair)[投票(8)]
ローマの休日(1953/米)★4 モノクロだけど、王女が目の色を変えているのが分かりますね。ああいう嬉しそうな姿を見ると、こっちまで嬉しくなるような気がします。 (sunny)[投票(1)]
マルサの女(1987/日)★5 心(こころ)が安らかなのが一番いいな。/渋い声/山崎努=権藤氏のつぶやき。 [review] (いくけん)[投票(13)]
時計じかけのオレンジ(1971/英)★4 マルカム・マクダウェルの暴力とセックスの日々にともすれば快哉を叫びたくなる、危険な誘惑に満ちたフィルム。ダリとベートーヴェンがここまで淫猥に、グロテスクに歪められる瞬間を目撃することができる。 (水那岐)[投票(5)]
時計じかけのオレンジ(1971/英)★5 キューブリック版「新約聖書」。 [review] (おーい粗茶)[投票(37)]
マンハッタン(1979/米)★4 ニューヨークを走るでしょう。いいよね。 [review] (chokobo)[投票(1)]
マンハッタン(1979/米)★4 理論武装も人恋しさの前では役に立たない。 (町田)[投票(7)]
学校の怪談4(1999/日)★4 これから炎天下、超大作、人気作のためにかったるい思いして並ぶのか…とうんざりした気分になっているのでしたら、それは空くまで延期して、ビデオ屋でこの映画を借りてくることをお奨めします。 [review] (kiona)[投票(7)]
ゴッドファーザーPARTII(1974/米)★5 最初観た時はこの作品からどういうメッセージを受け取ればいいのか分からず、正直困惑した。しかし、それは自分が大切なものを失ったことが無かったからだったのだと今では分かる。→ [review] (むらってぃ大使)[投票(5)]