コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ジョジョ・ラビット(2019/米)

脚本・監督のタイカ・ワイティテはニュージーランドの先住民マリオ系ユダヤ人だそうだ。外の世界はまだ“危険”だという認識はきっと本音だろう。それでも、恐る恐るでもいいから笑顔で“ダンス”が踊れる世界であって欲しいという思いは素直にうなずける。
ぽんしゅう

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







ただし、何の根拠もなく「あんな人」が突然「良い人」になってしまうのはやめて欲しい。それを見た(私のような)素直な人ほど、何の根拠もないのに自分も「良い人」になった気になってしまうから。いまでも世界は“危険”だらけなのに。

いつものこととはいえ、またドイツ人が英語かよと思ったが、、ヒトラーユーゲントの教官(サム・ロックウェル)たちが使う英語ならではの乱暴でくだけた言い回しや、投げやりな「ハイルヒトラー」の掛け声が、ナチスの教条主義を皮肉るギャグとし一番笑えたから、まあしかたないか。

ユダヤ人少女のプライドを体現するトーマシン・マッケンジーの凛々しさと美しさが印象に残りました。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。