コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] モリのいる場所(2017/日)

唐突なナンセンスギャグも、ベタな“謎の男”も、苦笑いでやりすごせるチャーミングな小品。老画家(山崎努)は決して奇人や変人ではないし偏屈者でもない。マネージャーのように立ち回る常識人の妻(樹木希林)は守るべきものが何であるかをわきまえている。
ぽんしゅう

守るべきものとは「自然体」だ。

決して無理をせず、思うがままに時を過ごし、日々をおくる。そんな生活を続けることがどんなに難しいか。世間のしがらみは決して「自然体」で過ごすことを許してはくれない。「自然体」でいること、あるいは、いようとするだけで、たちまち摩擦が生じることを、私たちは経験上知っていいる。

当然、老夫婦の生活は世間の常識とずいぶんズレているようにみえる。でも、そのズレの原因は、老夫婦の側にあるのではなく、世間(私たち)のしがらみの深さに起因しているのだ。

老夫婦の、おだやかな抵抗を、みんないつしか自然に受け入れてしまうのは、世間(私たち)の誰もが彼らのような「自然体」に憧れているからだろう。だから、ふたりの肩の力の抜けた生活ぶりは、ファンタジーのようにチャーミングなのだ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)セント[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。