コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 結婚哲学(1924/米)

入れ代わり立ち代る女と男たちによって二転三転する「事実」と「誤解」を推進力に話を転がすお馴染みのルビッチの妙。冒頭に登場(穴あき靴下!)して“てんやわんや”を尻目に実利を得る裏ストーリーの主役・教授(A・マンジュウ)の地味な復讐譚だったりもして。
ぽんしゅう

コメディだとういうので、最初はなるほどウディ・アレンのリメイクで観てみたいなあ、なんて呑気にかまえていたのですが、途中からハンサムな精神科医(モント・ブルー)につきまとう孤独な教授夫人(マリー・プレヴォー)のストーカーホラーにみえてきて、本気で怖くなってドキドキしながら観てました、と告白しておきます。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ゑぎ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。