コメンテータ
ランキング
HELP

ぽんしゅうさんのコメント: 更新順

★4SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018/日)“感動”の安易な再生産に見えながら、出しゃばらず狂言回しに徹した篠原涼子の善良ぶりと、オーバーアクトでケレンに徹する広瀬すずのウブという時空を超えた奈美の「生真面目」軸が、客観的で冷静な視点となり過剰な“感動”のぜい肉を上手く削いでいる。 [review][投票(1)]
★5テル・ミー・ライズ(1968/英)皮肉たっぷりに歌い上げられる楽曲の数々が問題の深刻さをエンタメとして程よく担保し、陰に隠れて悲惨な状況を見て見ぬふりする者を嘲笑い挑発する。この映画の冷静で知的な姿勢を崩さない意地悪さに、為政者は感情的で声高な批判にはない居心地悪さを感じるのだ。 [review][投票]
★4寝ても覚めても(2018/日)現実を夢うつつで彷徨う朝子(唐田えりか)に“朝”はもう訪れたのだろうか。許されなくても側にいるだけでいい。それは究極の愛情表現なのだろうか。ただの自己中心的な感情の逃避ではないのか。何故なら愛とはもともと身勝手でエゴイスティックなものだから。 [review][投票(4)]
★4判決、ふたつの希望(2017/レバノン=仏)職業者のプライドと責任、根深い偏見への諦観、ムスリムとしての寛容、難民として悲しみ。突然、激しい怒りの対象となった初老の男(カメル・エル・バシャ)の、そんな戸惑いが入り混じった表情が切ない。理屈ではない怒りはたいてい深い悲しみに由来している。 [review][投票(4)]
★3検察側の罪人(2018/日)緊張感を絶やさず連打される現在進行の事象を結ぶ横糸(暴露、告発、漏えい、リーク、圧力)のからみは興味深いのだが、それぞれの過去からの因縁をつなぐ縦糸(軍部の暴走、責任放棄、復古主義、冤罪)の逸話が寸足らず。葛藤の綾がカタチを結ばないのがもどかしい。 [review][投票(1)]
★4キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002/米)憧れのダディのあとを継ぎ「虚構」のなかに身を置いて破綻家族の「現実」を直視しないこと。それが尊敬する父を裏切らないボクでいることの証し。そんな甘ちゃんを甘やかさず「現実」として承認してくれる疑似父へのイブのコールを誰が甘ったれと攻められようか。 [review][投票(1)]
★4ダウン・バイ・ロー(1986/独=米)蒸し暑い町の底に“沈殿”したポン引き野郎とぐうたらDJは、陽気な越境者の流浪パワーに“撹拌”され、行き当たりばったりで“彷徨”し始める。惰性による沈滞→拘束による抑圧→本能による逃走→戦略なき停滞→まあ、とりあえずはまた移動。これぞ憧れの生活。[投票(2)]
★5光りの墓(2015/タイ=英=仏=独=マレーシア)眠り続ける兵士?そんなもの兵士ではない。ひたすら無視し続けること。それがウィラーセタクンの抗議声明なのだ。なんと頑強でしなやかなこと。そして飄々と“不思議”を駆使して“現実”を煙に巻く。思想や理念で体制を批判するのではなく生理で拒絶するのだ。 [review][投票(2)]
★4世紀の光(2006/タイ=仏=オーストリア)色濃い緑に熱気がむせる母の成就しない初恋の純情。若い僧侶に死んだ弟を重ねる歌う歯科医。反転して温度を感じない白い病院で出世より愛の深さを選ぶ父の情熱。地下に巣くうベテラン女医の旧弊の戯画。感情や記憶といった抽象が飄々と、次々に視覚化される楽しさ。 [review][投票(2)]
★3沖縄スパイ戦史(2018/日)正しいとか正しくないとかは問題ではない。あの時代、敵と通じた者ほど恐ろしいものはないと、現代の正論を言下に否定する証言者の“戦時の正論”に私は節句する。古今東西、国民を利用する軍よりも恐ろしいのは、敵味方に関わらず人を信用できなくなることだ。 [投票]
★3クレアのカメラ(2017/韓国=仏)軽く撮ってみました、でこの完成度。ホン・サンスの至芸「時制バラシ」があぶり出すいつもの“エゴと嫉妬”の小さなお話し。いまひとつイザベル・ユペールの不思議感が波及せず座りが悪い。歌も聴かせるキム・ミニの可愛らしい声が、今回は妙に印象的。[投票(1)]
★4志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017/日)画面に光が溢れている。ときに印象派の絵画のようにキラキラと、ときにくっきりと強い陰影を作りだし、高校生を包み込む光線。青春期とは、望もうが望むまいが、楽しかろうが辛かろうが、嫌がおうにも強烈な光にさらされている「危険で残酷」な時代のことなのだ。 [review][投票]
★2菊とギロチン(2018/日)階級や体制が醸す圧迫感に、理屈と世事に流され成り行きまかせで逆らう男ども。方や、体当たりの身体感覚に希望を託す女たち。面白くなりそうでいながら、女力士たちの個性立ちの良さに対してテロリストが類型的で魅力がなく、群像劇の“群像”が実を結ばない。 [review][投票(1)]
★4M(1931/独)警察の権威とメンツとずる賢さ。生き残りの手段を選ばないアウトロー衆のエゴ。法と病という正論の楯に守られた建前主義。疑心暗鬼うず巻くなか“正義”の意味が揺れ動き、どこへたどり着くやら分からない結末に、市民(観客)が翻弄され続ける怒涛の権威批判映画。 [review][投票(2)]
★3死刑執行人もまた死す(1943/米)一点の迷いもないレジスタンスの「不屈」ぶりに頭が下がりますが、その怒りの矛先が巨大な敵の“頭”ではなく“尻尾”に向けられるのはどうなのだろうと、行為より理屈を優先してしまうのは、しょせん侵略の本当の恐怖を知らない私の平和ボケのせいでしょうか。[投票]
★4正しい日 間違えた日(2015/韓国)「間違えた日」がホン・サンスの自虐なら「正しい日」は自戒を込めた純情か。とはいえ、しょせん前者は(私も含めた)すべての男の“本性”で後者は“本音”の露見なのだが。酔ったことなどないと豪語するチョン・ジェヨンの酩酊ぶりが愛おしくも笑える。 [投票(1)]
★4死滅の谷(1921/独)現代パートの町の人々の戯画的形相(特に頭髪)。画面を占拠する大壁の先に展開する愛と死の闘争劇。エゴが引き起こす火災スペクタル。この世(日常)にあらざるもの見せるのだという強い意志が伝わってくる。ラングがこのファンタジーに託したのは「驚き」の視覚化。[投票(2)]
★4カメラを止めるな!(2017/日)何を書いても勘の良い人にはネタバレしてしまいそうでコメントできない!といった危うい構造をした豪胆にしてデリケートな映画。映画づくりのマネごと経験者には“あるある感”満載。役者の皆さまも裏方さんも、全員お疲れ様でした。とりあえずは面白かったです。 [review][投票(3)]
★5アメリカ アメリカ(1963/米)エリア・カザンにとって、どうしても撮らなければならない渾身の一本だったのだろう。そんな気迫がモノクロ画面の力強さから伝わってくる。誇り、希望、平穏、繁栄。人が新天地を目指す(せざるを得ない)“世界の事情”は、120年前も今もそう変わっていない。 [投票]
★4太陽は光り輝く(1953/米)馬の蹄と車輪が土を踏む音だけが粛々と響く。美しく力強い葬送シーンだ。飲んだくれ判事のだらしなさと、南軍退役軍人の頑なさを皮肉りながら、空疎になりがちな「進歩思想の本質」を理屈で語るのではなく“画”の強度で見せきってしまう見事なクライマックスだ。[投票(1)]