コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019/仏=ベルギー)

ミステリーの愉しみが謎解きならば凡作。そうねぇ… ☆3.5点。
死ぬまでシネマ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







最重要と思われるネタ2つは開始早々に予測し適中。その他は細かいバリエーションなので当たってなくても悔しくも無い。最近の謎解きはヒツこいのが多いので正答率が落ちていたから、ここ迄話が読めてると何だかなーとならなくも無い。しかしこの映画はいつからか役者の「活き」を観ていたから、そこそこだった気もする。結果として<添え物>だったオルガ様もご馳走さまでした。

青池保子氏の「エロイカより愛をこめて」を読む度に、その多言語ジャングルを愉しみ原語に忠実な実写映画化を夢想したものだ。近い形で実現したのは『SPEC』での最高幹部会議のシーンだろうか。そういった視点からすれば、ラストアクションの多言語ドタバタは中々愉しかった。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。