コメンテータ
ランキング
HELP

けにろんさんのお気に入りコメント(650/781)

13デイズ(2000/米)★4 不思議と、一ショットも登場しないフルシチョフ(及びその側近達)も同じだけの苦悩と喜びとを味わったのだと感じられる。そういう意味でも出来は非常に良い。見応えもある。ただ、やはりアメリカの伝統的政治姿勢にはどうしても共感出来ないんだよなぁ。 [review] (HW)[投票(4)]
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003/米)★4 あの目尻の皺まで可愛く見えるようになったら本物である。何の本物かは別として。85/100 (G31)[投票(3)]
グッドフェローズ(1990/米)★4 ヘリコプターの視点/ヘリコプターから見張られているという感覚 [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(11)]
わらの犬(1971/米)★5 ブッ殺してやる! ブッ殺してやる! ブッ殺してやる! お前ら全員ブッ殺してやる! [review] (ペンクロフ)[投票(11)]
めまい(1958/米)★2 世間的には名作か知らんが、オレが夢中になったヒッチコックはこうじゃなかった。興味の軸足を間違えているとしか思えない。 [review] (ペンクロフ)[投票(7)]
新・平家物語(1955/日)★2 建てられた瞬間から朽ち果てている大伽藍。 [review] (ジェリー)[投票(3)]
マトリックス リローデッド(2003/米)★4 来年公開予定の『実写版ドラゴンボール』もきっとこんな感じだろうな〜。…と思った。預言者を演じたおばちゃんが公開後すぐ死んだと聞いてビックリ。それにしてもスゴイですな映像は。ついでに最後のセリフ、何言ってるかわからん。 [review] (マス)[投票(2)]
マトリックス リローデッド(2003/米)★3 台詞頼みのテーマ説明と映像・アクションが全く相関せずに並行して進む最悪に幼稚な構造だが、設定と問題提起は舌っ足らずながらやはり面白い。それを考える余暇が、どうでもいいカンフーごっこが挿入される度にできるんだから、ご愛敬。 [review] (kiona)[投票(19)]
初恋のきた道(2000/中国)★3 「先生が名前を聞いたよ!」。あたしはこのシーンがいちばん好き。 [review] (kazby)[投票(5)]
マトリックス リローデッド(2003/米)★3 イチャつきすぎだ。 (まりな)[投票(5)]
ゴジラVSキングギドラ(1991/日)★3 ゴジラがらみのタイムパラドクスにキングギドラを持ち込んだ、というアイデアは光っているが、その後が問題→ [review] (荒馬大介)[投票(6)]
マルサの女(1987/日)★3 とても良く出来た国税局のPR映画だな。 [review] (luckyme)[投票(3)]
ターミネーター3(2003/米)★4 T2との比較論。殺人マシーンの追求に関して言えば、T3はT1、T2から独立したアイデンティティを獲得しえていない。だが、T2が挟殺してしまったT1の潜在的テーマを拾い上げ、ターミネーターという存在に新たな息吹を与えた。 [review] (kiona)[投票(16)]
ターミネーター2(1991/米)★3 T3との比較論。T2は、T1000を登場させることにより、殺人マシーンの追求に関してT1から独立したアイデンティティを獲得しえたが、T1が持っていた潜在的なテーマを挟殺してしまった。 [review] (kiona)[投票(5)]
たそがれ清兵衛(2002/日)★5 ほんの150年前には現実に生きていた侍の生き方を知った。階級社会であり,上級階層でありながらその底辺であり,官吏でありながら兵士であった。そして父親であり,人間であった。 (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
たそがれ清兵衛(2002/日)★4 傑作だとは思わない。しかし、武士、といっても貧しい下級武士の生き様を、卑下するでも英雄化するでもなく、淡々と描く点に好感。生活に押し潰されそうでも懸命に生きる人の姿を見る、製作者の視点の深さと優しさが滲み出ている。宮沢りえは素晴らしかった。 (ツベルクリン)[投票(4)]
たそがれ清兵衛(2002/日)★5 正に”For Life”。「生きること」に捧げられた映画。真田&宮沢の演技は演技であって演技ではない。出遭い別れ今、此処にいる、という事実に対する感慨のそのものだ。そして映画監督のシゴトというのはいつ炸裂するかも判らない火花を焦る事も取りこぼす事も無く確実にカメラに収めて行くことだと思う。 (町田)[投票(2)]
シカゴ(2002/米)★2 オスカーのための映画。歌と踊りを抜いたら、あとには何も残らないという潔い、ピュアなエンタメ。結局のところ、過去の栄光の模倣に過ぎないのでは…。 (カフカのすあま)[投票(3)]
シカゴ(2002/米)★3 ギアのタップ、キャサリンの迫力ボディ&ダンス、レニーの舞台的演技、しかも吹き替えナシで歌もしっかりご当人。加えて流麗なショットの切り替わり、映像はきらびやか!・・なのにこの「華」のなさはどうしたこと?ミュージカルには宿命?の物語の浅さが映画になって露呈したということか。 (tkcrows)[投票(5)]
シカゴ(2002/米)★3 ストーリーを転写しても、映画にはならない。この映画、皆さんちゃんと観れましたか?眺めていた人が多かったのではないですか? [review] (kirin)[投票(9)]