コメンテータ
ランキング
HELP

けにろんさんのお気に入りコメント(550/790)

恋をしましょう(1960/米)★3 イヴモンタンとモンローって組み合わせがどうしても納得いかん。そこまでもが、不釣合いさを計算した配役だってんなら、逆に半端な不釣合いさって感じがする。 (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001/米)★2 オリジナルから33年。「猿の惑星」の住人たちは、確かに、「ああ、猿の惑星の住人たちだ」と思わせるほど、猿(尻尾のないエイプね)の行動を引き継いでいた。 [review] (シーチキン)[投票(2)]
忠臣蔵外伝四谷怪談(1994/日)★3 後半のお岩(高岡早紀)のピュアな存在感と巫女的役割を考えれば、前半その心情をもっと丁寧に描く必要があった。それでこそ、浪士としての忠誠心と虚無感の間で揺れる伊右衛門(佐藤浩市)が引き立ち、ラストでの四十七士と二人との対峙が生きる。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
U・ボート(1981/独)★3 正直、しんどい。 [review] (わさび)[投票(4)]
時雨〈しぐれ〉の記(1998/日)★3 いい年してブリッ子全開の渡哲也吉永小百合が微笑ましくも不気味。笑 それが似合ってるし、この作品の味にもなっている訳だが。映画的にはしっとりしてて悪くは無い。初老の人はこういうのに憧れたりするのだろうか?佐藤友美のハスキーボイスが痺れる。['05.2.7VIDEO] (直人)[投票(1)]
ヴァイブレータ(2003/日)★1 雰囲気は全体の3/4はいいし、会話が弾んでる時はこちらも窓外の景色なんぞ眺めながらうきうきしてられるんだけど、よく考えれば話を暖かくしているのは優しすぎる男のほうだけなんだよね。俺は御免だよ、趣味でゲロ吐いてるような女は。俺もこんな女知ってるから。 [review] (水那岐)[投票(3)]
男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977/日)★3 とらやの人情話には収まりっこない嵐寛寿郎の重量感が本作最大の可笑しみ。「耄碌爺さん」という設定でこれを貫いた脚本の妙。この際マドンナなどどうでもいいのはご覧のとおり。 (もーちゃん)[投票(2)]
アレンジメント 愛の旋律(1969/米)★1 オヤジがいつまでもトラウマになってる移民君の苦労話。ただ、その主人公(カーク・ダグラス)もあまりに自分本位でハタ迷惑なヤツなので、感情移入まったくできず。登場人物全員魅力無し。 (きいす)[投票(1)]
嵐を呼ぶ男(1957/日)★3 「フックだ、ボディだ、チンだ!! ええい面倒だい、この辺でノックアウトだい!!」 [review] (prick)[投票(2)]
ボーン・アイデンティティ(2002/米)★4 主人公の苦悩をクローズアップする事なく、今起きている危機をクールに展開する。風景が心地よく町並みで雪が降っているシーンは奇麗だった。スパイ映画にしては女性との絡みも自然で普通に入っていける。音楽はイマイチだったが、全体的にクールで好印象。 (ギスジ)[投票(2)]
呪怨(2002/日)★2 呪怨《じゅおん》1.強い怨念を抱いたまま死んだモノの呪い。それは死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。(以下、省略)  2.ジュディ・オングの略。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
ルビー&カンタン(2003/仏)★2 カンタンうるさい(ノ-"-)ノ ポイッ ⌒ (たろ)[投票(1)]
パッチギ!(2004/日)★3 たぶん監督は愚連隊の兄ちゃんたちの喧嘩にまみれた青春が描きたかっただけなのだろう。深い考えなしにテーマ性をかぶせてしまったおかげで、いびつなものが出来上がってしまった。もっと作り込んでほしかった。[ヤクルトホール (試写会)] (Yasu)[投票(4)]
ドラゴン怒りの鉄拳(1972/香港)★3 仁侠映画に例えるなら、ヌンチャクはドス、ブルース・リーは高倉健、ノラ・ミャオは藤純子だ。 ・・・ちょっとやんちゃな高倉健だ。 [review] (G31)[投票(1)]
人妻集団暴行致死事件(1978/日)★3 製作側は3人組と泰造と、どちらを描きたかったのか。[フィルムセンター] [review] (Yasu)[投票(2)]
ドッペルゲンガー(2003/日)★5 俺ビジョン全開で映画を作っていた以前の黒沢清との決別。デ・パルマの十八番を本家以上かと思わせるほどに使いこなすその技術。エンターテイメントとの幸せな出会い。画面分割に俺ビジョンを技術で分解する姿が見えた。 [review] (t3b)[投票(2)]
インファナル・アフェア(2002/香港)★4 イヌの生活。イヌの対決。 [review] (らーふる当番)[投票(5)]
CASSHERN(2004/日)★4 この映画に対するあらゆる非難は正しいと思いますが、それでも私はやられちゃいました。 [review] (月魚)[投票(2)]
息子の部屋(2001/仏=伊)★4 訳わからんでも、つまらなくても今どきの子供に見せるべき。 [review] (アルシュ)[投票(2)]
ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう(1972/米)★4 こんなものを作ろうと思う人はいるかもしれない。しかし、実際にこんなものを作ったのはウディ・アレンだけなのだ。 (ナム太郎)[投票(2)]