コメンテータ
ランキング
HELP

けにろんさんのコメント: 点数順

★5チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003/米)コンセプトを貫くというのは言うほど簡単ではなく、ここまで徹底するのは並大抵ではないと思う。おきゃんな年頃というには些かトウの立ったディアスを筆頭に必死の思いの3人の馬鹿騒ぎにプロ魂を垣間見た。テンションこそが欠落を補い全てを制覇する。[投票(24)]
★5マルホランド・ドライブ(2001/米=仏)本家帰りとも言うべき意匠満載のリンチワールドは、しかし予想外に時間と彼岸の境界を明晰に構築する。そして何より情念とでも言うべきベタな愛の世界に突入したのが作家としての後退ではなく成熟と感じた。文句無しの傑作である。 [投票(23)]
★5ジョゼと虎と魚たち(2003/日)ただ押されて過ぎ行く日々の中に稀に現れる煌く瞬間。過剰な時代に恋もSEXも檻の中の虎もラブホの魚の幻灯絵も漬物も味噌汁も焼鮭も看過すれば何でもない。しかし、それが如何に素晴らしいものであったかをジョゼは我々に喚起させる。映像の艶は特筆。[投票(19)]
★5チョコレート(2001/米)愛無き3代の父と息子の葛藤も母の肥満ガキへの憎愛も痛い。楽しい事など何も無い人生で偶然に手にした小さな幸福だからこそ身に染み入る。SEXが愛の根拠たる事をてらいなく描き清清しく、2転3転する女心を終局の10数分で描いた演出と演者は出色。[投票(18)]
★5トゥモロー・ワールド(2006/米)多くの長回しが何かを見せんが為に周到に構築されている点にまず唸ったが、そんなことをもブッ飛ばす後半の怒濤の展開。キュアロンはSFという衣を脱ぎ捨て現在世界の混沌と対峙する。そして、訪れる確信的な希望にこそ涙せねばならない。今だからこそ。[投票(15)]
★5ピアニスト(2001/仏=オーストリア)有体に言えば閉塞状況で育まれた変態性が肥大化した世間知らずの女の生き様と言う事なんだろうが、この真正面から恥ずかしげも無く突き進むキャラクターは殆ど前代未聞で新鮮。憐憫も共感も無い冷徹な視線が良い。能面女優ユベールが一世一代のはまり役。[投票(15)]
★5エターナル・サンシャイン(2004/米)失われたものに対する記憶は切ない追憶としてなら永遠に煌めき続けるとしても、それを引き戻すにはリアルな現実に直面しないといけない。カウフマンの脳天気なだけじゃない現実認識と圧倒的構成力。演出と撮影も精緻を極める。[投票(13)]
★5アレックス(2002/仏)地獄絵図から遡行する閉じた時間軸がいつぞや折り返し、恒久の平安に至って開放される手法にアイデアではなく必然を感じた。圧倒的な筆力で語られる「劇」なる愛と怒りは表裏の関係であることを自問自答させられ続ける怒涛の2時間。[投票(12)]
★5サーカス(1928/米)チャップリンの作品でこんなラスト他に見たことが無い。厳しさと孤独感が彼の作品中抜きんでて純度が高い。しかも一方で、地上10数メートルの綱上で猿に顔面を覆われて平然と命綱を外す芸への矜持がある。[投票(12)]
★5タワーリング・インフェルノ(1974/米)以前に於いても多分以降に於いてもこれを抜くデザスター映画はない。この時のマックイーンニューマンという顔合わせの重みは今のどんなスターの組み合わせをもってしても成し得ないだろう。[投票(12)]
★5チェンジリング(2008/米)実事件の再現物ジャンルの最高峰に屹立する厚み。衣装・美術・装置・メイク・CGの渾然一体となった達成度。その土壌の上で吠えまくるイーストウッドは愚直に全てを描ききろうとする。幸福な融合であろう。そして怒れる親爺は今だからこそ頼もしい。[投票(11)]
★5ワイルド・アット・ハート(1990/米)極楽恋愛道まっしぐらの2人の地獄巡りは「ラブ・ミー・テンダー」で強引に辻褄を合わせたが屹立してるのは地獄の方であった。怖いヤーさんが退いた後を締めるイザベラデフォーの存在感も圧倒的。マッチの炎とバダラメンティの音楽もイカしてる。[投票(11)]
★5復讐するは我にあり(1979/日)緒形三国倍賞清川が交わす視線の演技のボルテージの高さに堪能し、浜松シークェンス導入の手持ちカメラの臨場感を筆頭に姫田の撮影に驚嘆し、ワンシーンで時空を飛躍させる今村の演出アイデアにゾクゾクした文句無き傑作。[投票(11)]
★5苦役列車(2012/日)西村が場違いな昭和言語で取り繕った極北の下司根性を森山が据わった三白眼で二乗し開放してしまった。優しさと馴れ合いに支配された時代に降臨した糞ミーイズム。それが紙一重だとしても苛烈たる者がこじ開けた吐溜めの向うの希望こそが清冽なのだ。[投票(10)]
★5母なる証明(2009/韓国)場を丸ごと切り取る事での状況への臨場性は今村的でもあり、遍き不穏な空気の内在は黒沢清的でもあり、その最高ランクでの融合がボン・ジュノだという事を確認。そして、曖昧な混沌ではなく物語にケリをつける事での越境への決意も。弩級の傑作。[投票(10)]
★5ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト(2008/米=英)キースは代替不能なキャラだがミックの地平は数億光年超えてる。60代の爺いがケツ振り20代の「スタート・ミー・アップ」を歌う凄さ。一方、これは琥珀の映像の珠玉の宝石箱。9割ストーンズに負うがスコセッシの品ある統制力あればこそ。[投票(10)]
★5ウルトラミラクルラブストーリー(2009/日)冥界とシンクロする町で優しき人々に見守られつつ主人公は彼岸と此岸を往還する。そして、死者と生者が招き寄せられ始まる物語は他者を礎に人が再生することの肯定に行き着く。何という前向きな人生観。寺山相米的80年代邦画の良質な復刻。[投票(9)]
★5ALWAYS 三丁目の夕日(2005/日)ここ迄来たかのCGへの感嘆と予想外の守旧的カット繋ぎがもたらす映画的ダイナミズムが同居し小憎らしいまでに巧い。同時代的回顧イズムと「今」をを問う意味付けも勿論考えたが、突き抜けたのは疾走感の表現。疾走こそ映画だ。[投票(9)]
★5めぐりあう時間たち(2002/米)「痛み」を伴う「生」を描くのに絶妙な間を意識した演出。それが最高ランクの女優と噛み合うと、これほど濃密な空間を産み出せるのであろうか。主演3人とも良いがストリープのリアクション芝居には今更だが舌を巻く。[投票(9)]
★5ノーカントリー(2007/米)全てが腑に落ちたお爺ちゃんの時代は去りベトナム世代も時代から置かれていく。独自の論理と倫理が跋扈する時代に老兵は夢の残骸を語るしかない。コーエンピークの緊迫のミニマリズムにオープンな西部風味を加味した前半は真に圧倒的だ。[投票(8)]