コメンテータ
ランキング
HELP

YO--CHANさんのコメント: 更新順

★4マスター・アンド・コマンダー(2003/米)これだけたいした山もないのに、最後まで魅せてしまうのは何故だろう・・・ 個人的には、様々な方向性をもった(士官以上の)人達があの過酷な状況下でも、相手の方向性を尊重し、かつ自分も曲げないという英国堅気が下地にあったのではと思う。 [review][投票]
★3ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ(1988/米)作品そのものより、「かつての映画全盛時代ぽい作品を作ろう」という意気を感じて嬉しかった。[投票]
★3三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011/仏=米=英=独)いろいろ盛り上げる要素はあるのに、なぜか最後まで冷静に観てしまった。変な言い方だが、内容の大半が手段・手段していて、昔見たギリシャ神話系のコメディっぽい作品と比べて疲れる。 あと、これはどうでもいいというかお下劣な疑問だけど・・・ [review][投票]
★450/50 フィフティ・フィフティ(2011/米)主人公のスタンスが印象に残った。 [review][投票]
★5TIME タイム(2011/米)あまりといえば露骨な設定がすごい。シャレにならない。ただ、後半はなんか”実在の某事件”のコピーみたいでやや失速感。ただ、これほど「現実よりもリアルなSF設定」を提示された以上、★5は当然かも。 [review][投票(5)]
★4猿の惑星 創世記(ジェネシス)(2011/米)猿という題材に託して、現代社会のあれやこれが、物凄くあからさまに描かれてた様な印象を受けました。監督の声が「ほら、あれだよ、あの事を言ってるんだよ、判るだろぉ」って耳元で聞こえる様な・・・ [review][投票]
★4Vフォー・ヴェンデッタ(2005/米=独)日本語吹替版だったが、Vの語りの見事さは十分再現できていたと思う。 [review][投票]
★2JUNO ジュノ(2007/米)非常に練られていた印象を受けました、何より台詞が非常におしゃれというか知的です。 ・・・でも、どこか受け入れられないのは、脚本がうますぎるのか全編に「作られた感」を感じてしまったせいだと思う。[投票(2)]
★4X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011/米)X−メンのEp1〜3は、エリックことマグニートー主体なのか。なんだか『スター・ウォーズ』と似たパターン。(あと2作作られるかは判りませんが、勝手にエピソード4・5・6・1と数えさせていただきました) [review][投票(2)]
★2ウェイトレス おいしい人生のつくりかた(2007/米)会話で魅せるタイプの映画かもしれないが、「話すだけ」といった気がしてイマイチだった。 [review][投票]
★3ウエストワールド(1973/米)せっかくのアイデアが発展してゆかないのが惜しかった。あの主人公、実は [review][投票]
★4グリーンマイル(1999/米)ついつい深夜まで見てしまった。きっとこれはいい映画なんだろう。ただ二度目を見たいとは思わない。自分達が目を背けているもの、見たくないものを、最高の語り口でうまく見せられてしまった感じがする。[投票]
★4X−MEN2(2003/米=独)「誰かがもつれた糸をヒュッと引き、奇妙で噛み合わない人達を、すべらかで自然な位置に立たせてはくれないものだろうか」 [review][投票(4)]
★5ユー・ガット・メール(1998/米)かつてのアメリカ映画の良さをもった佳作。それが、現代技術の象徴でもある「メール」に絡ませて実現された事が素晴らしい。 [review][投票(1)]
★3シティ・オブ・エンジェル(1998/米=独)恥ずかしいけど「ベルリン天使の詩」では眠ってしまいました。こちらでは起きてたけど、それって作品の評価とは別の話か・・・ [review][投票]
★2スピード・レーサー(2008/米)なんかどうしてものれませんでした。CGの力は、動物としての人間までは描写できていると思うのですが、普通の人間の描写に到達するまでは、もう一つ課題をクリアしないといけないのではと思います。[投票]
★5砂の器(1974/日)日本人の裏側というか切り捨ててきたものを感じました。 <追加> 「デジタルリマスター版」なるものを、関西の某映画館で見ました。 やっぱり泣けますね…ただ、あの、少年が走る場面の「手」がちょっと不自然?『グラディエイター』みたいに。 [review][投票]
★2ガンジー(1982/英=インド)そんなに詳しい知識はもっていないけど、なんだか行動面優先でガンジーを捉えている様な印象を受けた。何億の人間の中で、あれだけ勇気に富んだユニークな行動を完遂した彼を描写するなら、まず、その彼の内宇宙を類推・妄想するべきではないだろうか?[投票]
★0夕凪の街 桜の国(2007/日)観てないけどゴメン。原作の漫画には感動してしまったほうなので少しだけ・・・(原作者の前作四コマ漫画「ぴっぴら帳」から雪崩てきた組です) [review][投票]
★5北北西に進路を取れ(1959/米)正直なところ全篇が「あ、これ○○で観た!」という既視感で一杯でした。でもこれは本作(というかヒッチコックの全作)の方が元ネタで、これをパクッた監督が余りに多い事が既視感の原因なんですよね・・・こういう場合、採点はどうするべきなのでしょうか。 [review][投票(1)]