コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 嫌われ松子の一生(2006/日)

「狂おしいほど愛しい存在」であるはずの松子が、華麗な演出により「幼稚で憐れな存在」に成り下がってしまった哀しい映画。マイナーな題材をメジャー形式で描くことの残酷さ。この監督は、ある意味、松子に興味がない。
(★2 hk)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)tredair[*] IN4MATION[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。