コメンテータ
ランキング
HELP

Yasuさんのコメント: 更新順

★4ふたりのミナ(2000/イラン)「イラン映画にしては珍しく…」なんて言うつもりはないが、とにかく笑える。それは、本作が「女性が元気な映画」だということと無縁ではないだろう。[国際交流基金フォーラム (イラン映画祭2004)][投票]
★4鉛(1989/イラン)ハードボイルド! 健気な子どもたちの映画や眠い芸術作品ばかりがイラン映画だと思っていると足元をすくわれます。[国際交流基金フォーラム (イラン映画祭2004)][投票]
★3スーツケース(2007/中国)怪し気な登場人物が入り乱れてなかなかの怪作。結末はまあ言わぬが花だが、ちょっと寓話的でもある。[TOHOシネマズ六本木ヒルズ2 (TIFF2007)][投票]
★4ヤコービエン・ビルディング(2006/エジプト)舞台である「ヤコービエン・ビルディング」というしっかりした軸をもとに描き出される社会の諸断面。力作。[OAGホール (アラブ映画祭2007)][投票]
★3裏側の子どもたち(2002/トルコ=ハンガリー)くっ…暗いなあ…。せめてこの少年たちにはたくましく生きていってほしい。[エルガーラホール (アジアフォーカス福岡映画祭2004)][投票]
★4少女ジヤーン(2002/イラク=米)極めてオーソドックスに作ってある映画。それも現実をありのままに描いているがこそだろう。ジヤーンに、そして村人たちに幸あれ。[国際交流基金フォーラム (アラブ映画祭2005)][投票]
★4ガン・シャイ(2003/独)あまりにも繊細でナイーブな青年の物語。しかし自分には、彼のそのナイーブさを笑うことはできない。[東京日仏学院 (EUフィルムデーズ2005)][投票]
★3私をここから連れ出して(2003/伊)タイトルの「私」とはルチアーナとロマーナ、どちらのことなのか。[有楽町朝日ホール (イタリア映画祭2005)][投票]
★2ステイト・アイ・アム・イン(2000/独)ヒロインの心情も両親の立場も、何もかも説明不足のぬるい話。[Video][投票]
★4子供たち(2001/伊=アルゼンチン)監督の持つ政治色を「自分がこれまで信じてきたアイデンティティが揺らいだらどうするか?」というテーマに見事に昇華。[有楽町朝日ホール (イタリア映画祭2004)][投票]
★33度下がれば(2005/独)繰り返し繰り返し登場する踏切が印象に残る。[有楽町朝日ホール (ドイツ映画祭2006)][投票]
★4プロパガンダ(1999/トルコ)ほのかに愛国心香る佳作。結構現代でも通用する話のような気がする。[フィルムセンター][投票]
★4スクリーム・オブ・アント(原題)(2006/イラン=仏)なるほどこれはイランでは撮れないであろう。「神」や「性」などのタブーに挑戦しつつ「生」を描こうとするモフセン・マフマルバフの意欲が伝わってくる。[有楽町朝日ホール (FILMeX2006)][投票]
★3何でもツッカー!(2004/独)前宣伝では「爆笑コメディ」ということで、それを楽しみにしていたが、クスリ程度の笑いだった。ドイツ産コメディだから笑いもお堅い…というわけではあるまいが。[有楽町朝日ホール (ドイツ映画祭2005)/SRD][投票]
★34つの茶色の物語(2004/スウェーデン)どのエピソードも風呂敷を広げた割には着地点は至って普通。面白いのは、4つの話がオムニバスではなく同時並行で進んでいくという点のみ。[スウェーデン大使館オーディトリアム (EUフィルムデーズ2005)/英語字幕][投票]
★2シップヤードの青春(1969/日)シップヤードのドキュメンタリーなのか青春のストーリーなのか、どちらかにしてほしい。主人公がシップヤードの工員である必然性が感じられず、中途半端。[フィルムセンター小ホール][投票]
★3レカドス食堂(2006/フィリピン)監督曰く「料理することはメイクラブに似ている」「料理によって中身は違うし、また同じ料理でも作る人や世代によっても味は変わってくる」。なかなか興味深い意見ではないか。[TOHOシネマズ六本木ヒルズ2 (TIFF2007)][投票]
★3LEFT ALONE(2004/日)まあ結論から言うと一面的な作品なんだが… [ユーロスペース2・東芝エンタテインメント試写室] [review][投票]
★4ファラフェル(2006/レバノン=仏)主人公のキャラクターの魅力はもちろん、脇役である友人たちもなかなかキャラが立っており、彼らの掛け合いで楽しく観られる一作。[TOHOシネマズ六本木ヒルズ5 (TIFF2007)] [review][投票]
★3異国の肌(2005/独=オーストリア)外国人で不法入国者で同性愛者で…。何重にも張り巡らされた特殊な設定は、しかし、見るうちに気にならなくなってくる。[有楽町朝日ホール (ドイツ映画祭2006)] [review][投票]