コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019/米)

最終章3部作、ついていけたのはデイジー・リドリーのお蔭。
おーい粗茶

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







そもそもスター・ウォーズ全体の世界観をきちんと理解していないので、ファンの方からは「それは違うよ」と怒られるかもだけど、ちゃんと理解すればきちんと整合のとれた世界観ではあったりするんですかね? ファースト・オーダーにしても、今回のファイナル・オーダーにしても、何かって言えば未知の領域で戦力を整えてって…都合よすぎじゃないのかなぁ。。今回のスターデストロイヤーの大艦隊って、惑星ひとつを一隻でぶっ壊すのをあの数揃えるのって、どんだけ財力があるの? もうその財力があれば軍事行動なんか起こさなくても世界征服できるんじゃ? とか思って、逆に空を埋め尽くすあの数に白けてしまった。「最後のジェダイ」の時に出てきた大富豪の人たちの繁栄ぶりの様子が出てきた時に、急に「経済」というパラダイムが意識されるようになってきたのが、やっぱよくなかったように思う。

それにスター・ウォーズに出てくる庶民って、酒場で酒飲んているか闇市みたいな商売している場面しか見た気がしないけど、企業のサラリーマンみたいな人たちはいないのかな? 庶民のテクノロジーは下町の鍛冶屋みたいな人が支えている描写ばっかだけど、帝国にしても反乱軍にしても彼らのハイテクノロジーを支えているようなIT企業とかってどこかに存在しないのは不自然だよね? まあ、そういうことを言ってるようじゃダメなのはわかっております。

そんな私が最終章3部作を完走できたのは、レイ役のデイジー・リドリーの魅力のお蔭。レイのことを「ガラクタ漁り」と呼称するのって、前作、前々作でも使われていたっけ? 「ガラクタ漁りの小娘ごときが!」って敵や味方からなじられると燃えるんだけど、もっとその設定を強調してくれれば良かったのに。思えば「フォースの覚醒」で彼女がスターデストロイヤー(?)の残骸をよじのぼって登場した時は、これから始まる新しい冒険にワクワクしたっけ。オーディションで大抜擢された無名の女優さんが、映画界の中でも最高級のコンテンツに飛び込んでいくという図式と、ガラクタ漁りが銀河宇宙の大戦争に飛び込むっていう図式にシンクロしているわけだから。なんだかんだで最後ルークの故郷に帰ってくる物語の終わり方はとても良かった。「名前はレイ・スカイウォーカーです」でちょっとうるっときた人って少数派で、スターウォーズファンの人には「なんだかなぁ…」って感じで逆にいなかったりして。まあ、どうせ、どこかでまた暗黒勢力が未知の領域で力を蓄えてくるはずだから、新シリーズでまた彼女にお目にかかりたいです。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)Orpheus[*] DSCH[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。