コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新ネタバレ投票 (3/16)

ここにリストされたコメントは ネタバレ(映画をまだ見ていない人の楽しみを損なうような情報を 漏らしてしまっている)ではないかと投票されたコメントです。 あなたの見解(ネタバレかどうか)もお寄せ下さい(コメンテータの方のみ 投票できます)。隠れているコメントはマウスで範囲を選択するか、投票ページに 行くと読むことができます。

[コメント更新あり] と表示されているコメントは、ネタバレ投票の後に内容が更新されています。 内容更新後の投票が(Y,N合計で) 8 票以上になると、更新前の投票は自動的に無効になります。 新規投票に御協力下さい。

ネタバレとネタバレ投票について詳しくは ネタバレに関するFAQ を御参照下さい。
コメント投票者更新日
★5 スペース カウボーイ(2000/米)
[ネタバレ?(Y3:N2)] ファースト・カットの空の美しさだけでも見る価値あり。走行する自動車と曲芸飛行をする飛行機を一つのフレームに収めたカットも忘れられない。そして何より驚いたのは、【トミー・リー・ジョーンズ】が癌を告白するシーンだ。こんな繋ぎは世界映画史上初めてではないか、と思えてくる。 [review]
ゑぎ (2019年04月30日)
(Y) ガブリエルアン・カットグラ / peacefullife / かける
(N) chokobo / ロープブレーク
2018年11月18日[投票(6)]
★4 大地のうた(1955/インド)
[ネタバレ?(Y2:N1)] 物語が力技に走らず、常に淡々と、しかし辛抱強く流れていくが、それが「詩的」と評される所以だろうか。死んだ姉が隠していた首飾りが池の浮草の下に消えていくシーンが切ない。少年の賢そうに澄み切った目が印象的。
ツベルクリン (2002年09月04日)
(Y) ボイス母 / 死ぬまでシネマ
(N) ゑぎ
2018年06月09日[投票]
★4 シティ・オブ・ゴッド(2002/ブラジル=仏=米)
[ネタバレ?(Y1:N2)] モーテルで笑いながら殺しまくる少年が怖い
kenichi (2003年10月22日)
(Y) 煽尼采
(N) 緑雨 / けにろん
2018年01月09日[投票]
★4 CUBE(1997/カナダ)
[ネタバレ?(Y9:N8)] 一番はじめにみじん切りになって死んでしまったハゲの職業と特技とこの映画でのポジションが非常に気になる。
ウェズレイ (2003年01月28日)
(Y) 茅ヶ崎まゆ子 / シーチキン / shu-z / ババロアミルク ほか全9名
(N) ゑぎ / / ジャイアント白田 / ハイズ ほか全8名
2018年01月08日[投票]
★5 乱れる(1964/日)
[ネタバレ?(Y1:N5)] これは日本映画史上最高の突き放し。ここまで人間を突き放して描いた成瀬巳喜男の演出に徹底的に打ちのめされる。これに比肩しうるのは、フォード『荒野の女たち』やアルドリッチの『キッスで殺せ』(オリジナル版)ぐらいだろう。 [review]
ゑぎ (2009年12月05日)
(Y) らくだーら
(N) ジェリー / / Yasu / 寒山拾得 ほか全5名
2018年01月02日[投票(15)]
★2 ある日どこかで(1980/米)
[ネタバレ?(Y8:N1)] 現代に戻ってから面白くなりそうなのに一瞬で終了。
ドド (2003年10月08日)
(Y) TOMIMORI / テトラ / かける / 寝耳ミミズ ほか全8名
(N)
2017年11月24日[投票]
★3 NEXT -ネクスト-(2007/米)
[ネタバレ?(Y1:N6)] 右を向いても左を向いてもN・ケイジの悶絶シーンは、彼のファンにとっては天国。嫌いな人には地獄絵図。どっちでもない人にとっては単なる爆笑シーン。映画館で笑ってたの私だけ?他の人は我慢してた? [review]
takamari (2008年05月04日)
(Y) たろ
(N) らーふる当番 / けにろん / デナ / とっつぁん ほか全6名
2017年08月30日[投票(5)]
★5 ドラえもん のび太と雲の王国(1992/日)
[ネタバレ?(Y1:N2)] 武器に依る抑止力をメインテーマに掲げた力作。 [review]
す一 (1997年08月13日)
(Y) ツチノコ
(N) 寒山拾得 / dov
2017年07月10日[投票(3)]
★3 シン・ゴジラ(2016/日)
[ネタバレ?(Y1:N4)] ウルトラマンタロウに出てきそうなとぼけた顔の第一形態から、これは最強だろう!な凶悪ゴジラの変態ぶりは素晴らしい。稲村ヶ崎上陸から武蔵小杉へのルートだか、釜利谷・洋光台を通過しているので一直線ではないという事実から、意外に寄り道好きな今回のゴジラ。首都に侵入!と思わせて中仙道へと癒しの旅に変更したりするちょっと読めない奴なら良かった。素直に網に掛かりすぎたな。政府・自衛隊の為に…。 [review]
クワドラAS (2016年08月06日)
(Y) ぽんしゅう
(N) けにろん / ゑぎ / サイモン64 / 考古黒Gr
2017年05月08日[投票(1)]
★3 好男好女(1995/日=台湾)
[ネタバレ?(Y1:N0)] 交錯する3つの時間。精神的トラウマ。死者からの電話。終わりなき喪の仕事。
hk (2001年03月14日)
(Y) 寒山拾得
2017年04月17日[投票]
★4 マグノリア(1999/米)
[ネタバレ?(Y1:N2)] 本日、両生類の後、快晴。
LUNA (2001年10月05日)
(Y) 煽尼采
(N) ゑぎ / けにろん
2016年10月22日[投票]
★5 愛のコリーダ(1976/日=仏)
[ネタバレ?(Y2:N3)] 見終わってどっと疲れた。この映画を構成できる莫大なエネルギーを維持した大島監督に畏敬の念を持った。最初から最後まで濃厚に描かれる情交の果て、吉蔵は死ぬことによってその半ば苦しみのような呪縛から逃れ得たのではと思った。 [review]
サイモン64 (2016年05月06日)
(Y) 寒山拾得 / ぽんしゅう
(N) ゑぎ / 太陽と戦慄 / さなぎ
2016年10月22日[投票]
★4 復讐捜査線(2010/英=米)
[ネタバレ?(Y3:N5)] 時節柄、被爆に関心が集まりそう。が、幼い娘を抱えている身として「あんな小さかった可愛い娘が…」な描写に感情移入しまくり。派手な見せ場もないんだけれど、人によってはこんなポイントだけで、随分印象が変わる映画もあるっていう個人例になりました。
takamari (2011年12月27日)
(Y) シーチキン / Heroes / ぐるぐる
(N) サイモン64 / / d999 / 赤い戦車 ほか全5名
2016年10月14日[投票]
★5 ゴッドファーザー(1972/米)
[ネタバレ?(Y5:N5)] この第1作が最高。内容云々よりも、家族や仲間に囲まれ続けるマーロン・ブランドが、最後を迎える時は、「死」を理解できない孫一人だけに送られ孤独に死ぬとは…じっと見つめる孫の視線と、ブランドの存在感と物悲しさが素晴らしかった。
タモリ (2002年05月30日)
(Y) ツチノコ / 寝耳ミミズ / NOM / 煽尼采 ほか全5名
(N) けにろん / ゑぎ / ぽんしゅう / ほか全5名
2016年09月24日[投票(1)]
★5 マリア・ブラウンの結婚(1979/独)
[ネタバレ?(Y2:N1)] 倫理を重んじる為にハッピーエンドを避けようとする映画なら良く見掛けるが、この映画の場合は、本来ならハッピーに終わるはずの物語をどうにかしてバッドエンドに変えてやるぞ!という監督の意地の悪さが随所に感じられる。ラストの「不運」な爆発事故こそあらゆる倫理を踏み躙る【ファスビンダー】の面目躍如。
SODOM (2007年03月12日)
(Y) グラント・リー・バッファロー / ぽんしゅう
(N) ゑぎ
2016年06月07日[投票(1)]
★4 セブン(1995/米)
[ネタバレ?(Y4:N2)] 7つの大罪とは言っているが、葛藤という形で誰の心にも深くに眠っているはず。犯人に大共感! [review]
yoichi (1999年02月25日)
(Y) 緑雨 / シーチキン / TOMIMORI / ぽんしゅう
(N) ゑぎ / kinop
2016年06月07日[投票]
★4 鬼畜(1977/日)
[ネタバレ?(Y2:N3)] ラストを、それでも父をかばう健気な子、という人が多いですが、ぼくは、「こんなやつ父親じゃない」という告発に思いましたが、、、、
動物園のクマ (2001年07月26日)
(Y) 煽尼采 / yasuyon
(N) ゑぎ / / ぽんしゅう
2016年06月07日[投票(4)]
★3 Love Letter(1995/日)
[ネタバレ?(Y1:N5)] 届かないはずの手紙に返事が来る。同姓同名で異性の同級生との淡い思い出。確かに興趣の湧くお話。小樽という舞台も良し。ただ、60分で済むところを120分に水増しして薄めているような印象。 [review]
緑雨 (2002年08月03日)
(Y) かける
(N) ことは / ダリア / ぴよっちょ / 水の都 ヴェネツィア ほか全5名
2016年05月08日[投票(4)]
★4 テキサスの五人の仲間(1966/米)
[ネタバレ?(Y4:N0)] 善人顔のヘンリー・フォンダにあの役をやらせたのが大正解。映画史上に残る一大どんでん返し映画!
茅ヶ崎まゆ子 (2001年09月25日)
(Y) 寝耳ミミズ / 水の都 ヴェネツィア / 煽尼采 / ぽんしゅう
2016年05月08日[投票(2)]
★4 霧の旗(1965/日)
[ネタバレ?(Y1:N2)] 隠れた傑作。非常に脚本もよくできていて、監督が山田洋次というのも驚きだろう。主人公桐子の歪んだ復讐劇。復讐心は理性や常識を越えてしまう。
斎藤勘解由 (2002年02月03日)
(Y) 寒山拾得
(N) ゑぎ / ぽんしゅう
2016年05月08日[投票(1)]