コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ターミネーター3(2003/米)
- 更新順 (1/3) -

★2敵がロボットという設定であっても、シュワちゃん(ヒーロー)が女性を叩きのめすストーリーに喜びと爽快感を得れなかった。これでいいのかアメリカ。 (モフモフ)[投票]
★3重要任務に20年前のモデルを投入せねばならないとは、抵抗軍の窮状が思い遣られます。 [review] (こしょく)[投票]
★3淀川長治先生が大好きだったあのお尻。先生に見てほしかったな。 (黒魔羅)[投票]
★3「ごち〜ん。」シュワちゃんのたてる間抜けな金属音に脱力すると同時にこだわりを捨てて吹っ切れる。クリスタナ・ローケンの「表情豊かな無表情」。「アレ」でぶん殴られた際の表情の可愛さと言ったら!映画史上屈指の笑える金満格闘シーン。破壊表現CGの変なスピード、質量感も笑える。愛嬌のある映画。ただ、こだわりのある人には酷過ぎる。 (DSCH)[投票(2)]
★3りょ、良心回路ですか。 (PaperDoll)[投票]
★2この3作目を幸運にもまだ観ていない人は、観ないままにした方がいいと思う。 [review] (ワトニイ)[投票]
★1致命的なのはジョン・コナーの描写、配役。カリスマ性、英雄の能力があるようには見えない。どう頑張っても見えない。 [review] (kazooJTR)[投票(1)]
★3T2の配置の妙があっただけに冴えないキャラクターがSO-SOなSFアクション [review] (junojuna)[投票]
★4普通に面白い。じゃダメなの? (もーちゃん)[投票]
★2シリーズでお金は一番かかっているんだろうけど、スケールが縮んじゃった感があったな。 (考古黒Gr)[投票]
★3あまり期待せずに見たが及第点の出来。まあ次回は高確率で駄作になるでしょう。 (赤い戦車)[投票]
★31,2のインパクトには劣りますが、アクションと結末はいいと思います。 [review] (NAO)[投票]
★5敢えて湿っぽさを備えたSFヒューマニズムという系譜を安易に受け継がず、体育会系のド派手バカアクションに仕上げた根性に乾杯。ショーウィンドウのマネキンの列にマネキンターミネーチャンが現われ苦笑。お寒いギャグで前二作に戦線布告だ! [review] (ishou)[投票(2)]
★3スケールアップして凄かった。殆ど不死身のT−X! [review] (KEI)[投票]
★1単なる駄作。 [review] (サイモン64)[投票]
★2映画自体より、派手すぎる前宣伝の方が印象に残っている。 (カレルレン)[投票(1)]
★4こじつけが多い。でもターミネーターが好きだからこそのこの点数です。アクションは迫力があったと思う。 (パスタ)[投票]
★2ジョン・コナー…この10年の歳月は相当彼をアレさせたようでこの勢いで行くと更に10年後のジョンはケヴィン・コスナーでもいけるんじゃないかと [review] (torinoshield)[投票]
★4たったひとつの冴えたやりかた… [review] (おーい粗茶)[投票(1)]
★3事実上の引退作ということで好意的に解釈出来ました。カリフォルニア州知事、ご苦労様でした。 [review] (----)[投票]
★5重量感溢れるアクション・シーンの連打は見ていてとても痛快でした。特にターミネーターの重量に拘ったバトル・シーンは、切れも良く小気味良さがあって良かった。音楽、画面の明るさも良いです。 [review] (kawa)[投票(4)]
★3ストーリーのオチは衝撃的だけど、配役がミスキャストな感じで続編として観賞するには慣れが必要。どうでもいいけど、セットの市街地の破壊方法が幼稚。園児がよくヤル手法だよ、同レベル。ズゴカゴガーンガンガンゴンゴンゴーンって、なんだそれ? (IN4MATION)[投票]
★2ひょっとしてこれは1、2をパロディにした作品なのか? (X68turbo)[投票]
★3こんなのありえなーい!許せなーーい!!けどもしT4が出たら?・・観る。 [review] (きわ)[投票(3)]
★4ラストにはびっくりしたけど,続編への期待が高まったので,これは「あり」やね. (Passing Pleasures)[投票]
★2破壊衝動に溢れ、環境破壊に貢献してくれた。カーチェイスで終始し、誤魔化された気がした。“液体金属”が斬新だったように、T−Xにも心に訴える個性をもたせて欲しかった。話の拡がりも見せて欲しかった。要するに、全体を通じて掘り下げが甘いのだ。 (氷野晴郎)[投票]
★3誰だおまえは? (LUNA)[投票(1)]
★2「ちっともハラハラドキドキしない」ってのがある種、スゴイ映画の証拠なのかも。 [review] (ボイス母)[投票(1)]
★23を企画したこと自体が間違い。前作に対する冒涜だ! [review] (さいた)[投票]
★1駄作駄作。ストーリーが酷すぎます。シュワちゃんに金を使いすぎたせいか役者もショボイし。。。 コレを観て思うことはやっぱりジェームス・キャメロンのほうがましってことだけですね。 (surarindq)[投票]
★3悪くない [review] (バック・フィーバー)[投票]
★3B級最高峰の1作目、王道エンターテイメントの2作目に到底かなわないのは観る前からわかっているのだが…。私の中で「2」で完結させることにします。ただの「凄いアクション映画」。 (ゼロゼロUFO)[投票]
★3ジョン・コナー役は大人になったエドワード・ファーロングというよりも若き日のウィリアム・H・メイシーという感じであまりにも華が無い。誰がこんなキャスティングを考えたんだ!? (白羽の矢)[投票]
★2ターミネーチャンに迫力がないのでどうにも・・・美人が無表情だとただのモデルになっちゃうんだよな。まてよ?これがもしキャシー・ベイツだったら、無表情で無敵のハイパーサイコオバサンがどこまでも追っかけてくる話に・・・うおお!こえーよ!!みてーよ!!! [review] (はしぼそがらす)[投票(2)]
★4戦うお母さん、リンダ・ハミルトンがいないと盛り上がらないんだよなぁ。T2をみんな予習してることを、監督はよくわかってると思いました。 (ぱちーの)[投票]
★4疑問と言い訳 [review] (peacefullife)[投票(5)]
★3女性マシーンは確かにかっこいいけどもうちょい役らしさがほしかった。魅力は体だけか。定番ギャグはいらないよなぁ〜。 (megkero)[投票]
★4アクション映画の威力を初めて教えてくれたターミネーター。理屈と技術ばかり目立つ昨今の中、凄まじいアクションの応酬で改めてその迫力を魅せてくれた「3」。おかえり!そして、お疲れ!T-シュワちゃん! [review] (starchild)[投票(1)]
★2これから楽しくなるんだろうと期待してたら終わっちゃった。なんだかなぁ・・・ (nc)[投票]
★2前作との勝負は火薬の量か?敵は前作か物理法則か? [review] (SUM)[投票]
★4なぜ彼女か?という必然性の説明とか、脚本は練られてた気がする。あと、ストーリーと関係ないけど「Y/N」の恐怖が際だっていた。あと、これもストーリーと全然関係ないけど→Review [review] (YO--CHAN)[投票]
★3キャメロン監督の後、というのはやはり難しいんでしょう。しかし、あのアイデアは「未来の二つの顔」へのオマージュなのだろうか。 [review] (HAL9000)[投票]
★31と2の偉大さを改めて痛感。1はコマ撮り、2はCG。その時代の映像の最先端を走っていた。キャラもコンセプトも、3の弱さは否めない。 [review] ()[投票]
★3尺の長さから考えてもこれは初めから純然たる活劇を志向したものだろう。確かに冒頭からアクションにつぐアクションで、しかも各シーンともよく設計されており飽きさせない。ストレートなアクション映画という意味では第一作への回帰だと思うのだが、今となっては一作目のような感銘は受けることは到底出来ない。 [review] (ゑぎ)[投票(8)]
★3第1作や前作ほどの衝撃は正直望みうべくもない。が、アーノルド・シュワルツェネッガーが20年前と変わらぬ筋骨と低脂肪体で帰ってきた。20年前は今より20kg軽かった私には、それだけでもう泣ける。 (ジェリー)[投票]
★3性善説を前提にした、観客から同情を搾取する制作者の脳は筋肉だし、一票を投じた人の脳はプロテイン漬けにちがいない。「自虐的に老体に無恥を打ちつけて演技をされたらシュワちゃんに一票を入れなければいけない」と、その強迫観念が稀薄な内容を補完していたのだろう。この選挙CMで演技をしているシュワちゃんを探すことが出来なかった。 (ジャイアント白田)[投票]
★2クレア・デーンズが相変わらず良いので2。女ターミネーター、松浦亜弥っぽくない?世界味。 (tora)[投票]
★2つまんない。脚本、ストーリーの出来が悪すぎです。せめてギャグがもっと冴えてれば・・ (かと〜)[投票]
★3クレーンをつかったアクションのアイディアにはちょっと拍手でした。でも、全体の緊張感が、テレビドラマのレベルで、ゆるすぎ。なので、どこも怖くないのね。去年観たのに、この前まで観たこと自体を忘れていたっけ。でも、あの年でこのシリーズに挑戦するシュワちゃんは、選挙資金が欲しかったとしても、ちょっと好き。 (エピキュリアン)[投票]
★4「4」を望む人も多いかもしれませんが、個人的にはここで止めとくべきだと思います。ここから先の話は想像の中でもいいです。 [review] (荒馬大介)[投票(3)]