コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 戦場のピアニスト(2002/英=独=仏=ポーランド)
- 更新順 (1/3) -

★4何が尊く何がムダか、それを決める価値観の転倒。価値とはすべて人間の仕業でしかない。 [review] (おーい粗茶)[投票(6)]
★4悲劇も恐怖も意外に淡々としているもの。だからこそ悲惨。逆に歓喜も幸福も極めて淡々としているもの。この映画の演出の演出たる所以。鼻白むと同時に安心が欲しくて期待もしてしまう。で、その期待の先がドイツ将兵、ってこと? [review] (動物園のクマ)[投票]
★4「音」に生きるしかないシュピルマンの過敏な「耳」に寄り添って観れば、戦争は人間的な音が歪められ、拡大され、遮断され、最後には死滅する風景として捉えられる。音が死にゆく過程の描写は「恐怖のミュージカル」。そして、音が、つまり生命が死んだ世界に抗うように響く「最後の音楽」。この状況下で、打算に基づいて感動することなど出来やしない。 [review] (DSCH)[投票(6)]
★5私は映画にわざとらしいドラマやラブシーンなんて必要ないと思っておりましたが、この作品をみるにつれ、余計にその思いが強くなる、そんな淡々とした作品。 (carcass)[投票]
★3理不尽な差別と有無を言わさぬ暴力から逃げ回り、身を潜め、隠れ続けることだって立派な抵抗である。ピアニストは居場所を奪われ、横暴に脅え、惨状に絶句し、ボロボロになりながらも本能のままに自由を求め続けた。可能性ではなく継続に意味があるのが抵抗なのだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★3"The Pianist"と題しながら映画の大半でその指を封じられている主人公は、むしろ音に脅え続けることを余儀なくされる。憚りなく発せられるのは爆音や銃声、悲鳴や怒号ばかり。「音」と「窓」の映画。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★3主人公はあのドイツ人将校を・・・ [review] (KEI)[投票(1)]
★2僕は歴史を専門としているものではないが、ポーランドのそれは前後関係を含めて興味があり、前々からいくつかの本を読んできた。正直得るものが無い。 前日にたまたまテレビ録画で『キング・コング』(2005)をみたせいもあって、主演のエイドリアン・ブロディは変にすかしているようにしか見えない。 (PaperDoll)[投票]
★4観終わってから気がついた意外な感情移入。 生きたいという執念は戦争の恐ろしさより強烈なインパクトだ。 [review] (dali)[投票(2)]
★4淡々とした描写が逆にショックを与える。 (赤い戦車)[投票]
★5見てるだけで痛くなってくる映画。 (ピタゴラペンギン)[投票(1)]
★3戦争やユダヤ人虐殺の歴史を訴えると言う点では素晴らしいが、描写はあまりにも酷い。 (NAO)[投票]
★4ゆるゆるだが、それを凌駕する映像のリアルさと残虐描写。とても子供には観せられないですね。 (たろ)[投票]
★5生き延びて自由になり、ピアノを弾きたいというシュピルマンの気持ちにグッときた。「民族の悲劇」として語られるよりも、こうした個人の視点の方が私には説得力がある。個人とは友達になれるが、民族と友達にはなれない。 (カレルレン)[投票]
★5じんわり迫る恐怖。破壊された街。詩のような悪夢。2007.06.08 [review] (鵜 白 舞)[投票(3)]
★4人間ドラマと言うよりは何か戦争サバイバル映画という印象。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★4痛みを知るための映画 [review] (不眠狂四郎)[投票(1)]
★5いろんな意味で凄い映画です。圧倒されて見終わった後放心状態に陥りました。 (TM(H19.1加入))[投票]
★4先入観全く無く観ましたが、かなり重い話でした。ずっと客観的で、泣かせな演出も無く、淡々と進んで終わる感じです。常に窓の外から見ている感覚。実際主人公はそうだし。 (Cadetsファン改めジンガリーLove)[投票(1)]
★2遠い場所の、遠い昔の話で… (billy-ze-kick)[投票]
★5事実を正確に映し出そうとする持続的で冷静な意志。この映画はまたとない貴重な記録であると同時に、作者のめらめらとした心熱が伝わる傑作だ。自分のまなざしが自分の意志でどうにもならなくなるという、傑作を目にした時に必ず起こる現象を久々に体感。 (ジェリー)[投票(1)]
★4てっきり戦争中でもがんばってピアノを弾き続け・・・といったストーリーかと思い込んでいましたが。 [review] (みか)[投票]
★2NHKで放映されたドキュメンタリーのほうが出来が良かった。 [review] (これで最後)[投票]
★5怖〜っ。 どんな話か知らずに観たら、思ってたのとは全然違って、生々しいねんもん・・・・・ [review] (ゾラゾーラ)[投票]
★4ホーゼンフェルト大尉をもう少し描いてもよかったのでは (TOMIMORI)[投票]
★4まるで命懸けのかくれんぼ。改めてナチスドイツの恐ろしさに震えた。 (ユウジ)[投票]
★4観終わって、私はとにかくショパンを弾いた。弾ける限りの曲たちを。この映画を観てから結構な時間が過ぎた今、思い出すのはやはり映画で流れるショパンの旋律だけだった。 (エリ-777)[投票]
★3おすぎがCMであんまり褒めるから観たけど『海の上のピアニスト』の方が面白かったよん。 (考古黒Gr)[投票]
★4人を殺すシーンがハリウッド映画と違って本当に痛々しい。やめてくれーと叫びそうだった。 (白羽の矢)[投票]
★3戦争って何。今も平和のためとかつべこべそれらしい理由つけて、金儲け目当てで戦争始める人がいる。死ぬのはいつも普通の人たち。映画はつまんなかった。考えさせられたが。 (R2)[投票]
★3ウワディクの目を通して、私たちは今第二次世界大戦のポーランドを経験する。しかしそれは・・・ [review] (terracotta)[投票]
★3苦手中の苦手、「パルムドール」。・・・にしちゃぁ飽きることなく観られたが。 (poNchi)[投票]
★5エンドロールまで誰一人席を立つ人も無く、映画の終わりに自然と拍手が沸き起こった映画。 [review] (しゅんたろー)[投票]
★4あくまで歴史の傍観者。つねに置き去りにされ、運命と人の情けに流されるがママの主人公。あるいは、個人と歴史の相克の狭間で。個人は歴史を変える事が出来ないというペシミズム。 [review] (ボイス母)[投票(1)]
★2「戦場のラッキー・ボーイ」 [review] (早秀)[投票]
★3ポランスキーの原点であり終着点。良くも悪くも感想を述べることが私たちの倫理である。 [review] (hk)[投票]
★4良心とは?自分が当時ドイツ人だったなら・・才能溢れるユダヤ人を認めなかったかも知れない。否、確実に虐待していたであろう確信が怖い。 (tora)[投票]
★4何もしない・何もできない人物を主人公に据えることで、戦争を客観的に描くことに成功している。前半の寒々しい街の風景は『旅芸人の記録』に似ていた。 (太陽と戦慄)[投票(1)]
★4食べる事、それは生きる事。狂気の中でも食欲さえ失わなければ、人間は生きていける・・・かもしれない。 (Lycaon)[投票]
★4もう逃げる場所は無い。 [review] (バーボンボンバー)[投票]
★4逃げる→食べる→寝る→痩せる→逃げる→食べる→寝る→痩せる→逃げる→寝る→髭剃る→逃げる→食べる→寝る→ピアノ弾く・・・な映画。 (IN4MATION)[投票(3)]
★4ヤセ顔がイイ (ユメばくだん)[投票]
★3先に『マイ・リトル・ガーデン』を観てしまっているから画面から苦労が感じられなかった。 (washout)[投票]
★5ドイツ軍将校の前で奏でるピアノのメロディーと光の筋に見える小さな埃の数々に自分の涙が重なってしまった。不覚!かように嗚咽すうほどの感動はしばらくぶりだった。 [review] (chokobo)[投票]
★4ただ見ているだけで、何もできない自分。戦争における市民とはそういうものなのか…。 (すやすや)[投票]
★3こんなつまらん他力本願の男の話をなぜこんなに長く?と思うとこだが、要するにこの男の姿がポランスキーなりに捉えられた「ポーランド史」なのね。 [review] (_)[投票(1)]
★4愛でも金でもなく、人間、先ずはメシだなというのが痛いほど解る。とにかく観終わった後何か口にせずにはいられない、非常に腹の減る残虐サバイバル映画。しかしこれが実話だなんてまさに奇跡と言うしかない。 (クワドラAS)[投票]
★5目を背けたくても、背けてはならない。そんな映画を、私は他に知らない。 (ダリア)[投票]
★4感動したけりゃ、作り話=『ライフ・イズ・ビューティフル』を観ればいい。 [review] (アルシュ)[投票(8)]
★3ピアノには楽器の意味もあるけど音の強弱(piano:弱く)にも使われるので原題のピアニストは 弱い人という意味も兼ねているような気がする。 [review] (torinoshield)[投票(2)]