コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 耳をすませば(1995/日)
- 更新順 (1/4) -

★5この歌は‘🎵シェナンドーリバー’の詞が郷愁を誘い大好きだが、この郷愁歌に宮崎は激励歌の詞を当てた。悪くはない。いつもの町、少し足を延ばすと知らない町になる。視点を変えると新しい世界が広がるという事。甘い話だが、中3だもの、希望一杯でいい。 (KEI)[投票]
★4今となっては主人公達の夢見リズムに気恥ずかしさも感じてしまうのだが、それ以上に若さへの羨望と、自身が持ち得なかった事への希望を託す意味で、私は本作品を断然支持してしまう。夢が叶うか否かではなく夢を持てるか否か。日常に埋没する中で、一瞬でも、ふと「アトリエ 地球屋」のような存在を見出だす。そんな気づきがあって欲しい。 (クワドラAS)[投票(1)]
★5意外に「人格学」から見ても良くできており、何事もできる人でありたい「タイプ3」の女の子と、ぶっきらぼうだけど自らの道を貫く「タイプ8」の男の子、といった様に描き分けられている。ラストシーンは少々唐突な気もするが(笑)楽しませてもらった。 (モフモフ)[投票]
★5こんなにもいろいろな観点から見られる映画も珍しく、まあ、やっぱり名作なんだろうなと思う。 [review] (サイモン64)[投票]
★4夏と冬、朝と夕、晴れと雨、季節や天気、時間による空の色の演出が実に巧み。ラストは若い頃に見た時は気恥ずかしさを感じたものだが、近藤監督がこの作品を作った年齢を過ぎた今は、ただ微笑ましく好意的に見る事が出来た。 (stag-B)[投票(1)]
★2この映画の持っている空気は澄んでいるのに、どこか中途半端な感じが残るのは何故だろう? (NAO)[投票]
★4性 [review] (ロボトミー)[投票(1)]
★3観ていて気恥ずかしくなってくるような、ストレートでファンタジックな青春アニメでした。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★4最後のシーンをニヤつきながら観てしまった・・・ (たろ)[投票]
★3常に物語を夢見ている純情少女が眩しかった。 自分の言葉を選べずに大きな事を言ってしまう純情青年にも惚れ惚れした。 (TAKAどぅ〜)[投票]
★4題材が持つ気恥ずかしさを、いつの間にか自らの10代の日々のもどかしさと素直に重ね自然に受け入れている自分に気づく。たぶん、光学的なカメラのレンズではなく、生身の心象として切り取られ作画として提示された光景の暖かな既視性に寄るものだと思う。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★3やっぱだめだ・・ でも☆一個増やす。 [review] (きわ)[投票(1)]
★4宮崎駿監督の偉大さはここにも表れています。そう、ここでは脚本でとどめてくれたと言う点こそが一番重要でした。監督までやってたら、多分… [review] (甘崎庵)[投票(4)]
★5純粋というか、真っ直ぐというか(苦笑)。原作の「今時、妖精でもないよな!」よりこっちの方が好き。。ラストの風景にもただただ・・・感動w (はぁ〜〜) (音魅)[投票]
★4一人で観たのは正解だった!誰かと一緒に観ていたら、この映画を素直に大好きだと言うことはできなかっただろう。 [review] (makoto7774)[投票(1)]
★3うーん、確かにジブリフィルターは通されてるけど普通のリボン系少女漫画。夢+根性+恋愛。ジブリが佐々木潤子「エース」を作ったらどうなるんだろ? (高円寺までダッシュ)[投票]
★4恥ずかしい映画だけど好き。 [review] ()[投票]
★2「きれいごと」ってかんじ。 (YUKA)[投票]
★3大人が、中学生時代を振り返りキュンとなるための映画。 [review] (uni)[投票]
★4全体的に照れ笑い。最後だけは苦笑い。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★5男の子が女の子の呼び方を”月島”から”雫”って呼び捨てにした瞬間。女の子が男の子の呼び方を”聖司くん”から”聖司”に変えた瞬間。そんな瞬間が懐かしく切なく思えました。 (ミセス・バーナード)[投票(1)]
★3自分はもう「大人の側」に立っているはずなのに、泣いちゃうんだよ。雫と一緒に。 [review] (ゆの)[投票]
★2うん、ぎりぎり高校生でこれを見れたのがよかったな、まだ許容範囲でほっぺがぽっ。 (カノリ)[投票]
★4「オレお前が好きだー!」「結婚しよー!!」・・・実写だったら5分と見てらんない。 (あさのしんじ)[投票]
★4ダメなところがたくさんある映画だが、少女がはじめて少年の家の階段を降りてベランダへ出るシーンがたいへん美しい。ああいう何の意味もないシーンの美しさが、この映画を劇的に救っている。 [review] (ペンクロフ)[投票(8)]
★3この映画は聖司の夢がバイオリン職人であるところが重要である。例えば彼の夢が仏師(仏像を彫る人)だったら雫の恋心ももっとストイックなものになっていただろう…。 (ナム太郎)[投票(2)]
★3中盤まで共感できる場面も多く、とても良かったのですが、ラスト10分間の展開が... [review] (kawa)[投票(1)]
★2実写で撮ったほうがよかったのでは? (アリ探し)[投票]
★4はじまり [review] (----)[投票]
★3何か行ったことあるようなデジャヴな気持ちにさせられるこの作品の町。「カントリーロード」の日本語訳にこだわっているのは理解できるがそれが伝わりすぎてウザかった。 (TO−Y)[投票]
★3体中のいろいろなところをくすぐられる映画(笑)それに耐えたら純粋な証拠でしょ〜 (ナッシュ13)[投票]
★5私が中学生だったころはこんなに純粋だっただろうかと疑問に思いつつも、なんとなく懐かしくこの映画を見てあったかい気持ちになれる自分がまだいたことが嬉しい。いまどきの中学生にはこの感覚分かるだろうか・・・ (まゆ)[投票(1)]
★3はずかしいけどやっぱり恋はこうでなきゃ!この後の二人が気になるがそれはみちゃいけない世界。守りたい世界です。 (megkero)[投票]
★5小学5年のときの夏休みぐらいに見て、休み明けたら、好きな女子に呼び付けしてた自分がいた。ああいい感じだったねぇ。 ()[投票]
★5観ながらクッション抱きしめて暴れまくり。ニヤケっぱなしでほっぺた痛い。初恋を思い出したりして・・・。あーーー恥かしい。 (minn)[投票(2)]
★4思春期の微妙な心、揺れ動く不安定な心情、それらが巧みに表現されている良い作品です。主題歌「カントリーロード」は心落ち着く大好きな曲となりました。 (ザザッティ)[投票(1)]
★5ストーリーのよさはもはや語る必要もなく さらに町の景観の広大さに打たれる。住みたくなるような町並みで繰り広げる少年時代の恋愛と それだけではない 伏線となる夢と希望。泣けました。ありがとう。 (なをふみ)[投票]
★4私の周りでは(十代の女性の意見ですが)ジブリで一番のイケメンが聖司クンらしい。なるほど〜。ちなみにその次はアシタカだってさ。 (Susie999)[投票]
★3とても純粋で心あたたまる物語。空飛ぶシーンはいらないのでは? (直人)[投票]
★5「傑作選」より:図書館…受験…自転車…まるっきり私じゃないか(笑)!恥ずかしいやら懐かしいやら…そしてそんな気持ちを忘れていない自分が嬉しいやら。…あれから私は多くのものを喪ってしまったが…いまでも、そっと、耳を、すませる、ことは、できる。 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(2)]
★3かつてこの年頃を過ぎた人たちには(自分含め)懐かしさでいっぱいになっただろうけど [review] (ペパーミント)[投票]
★4「お前よくそんな恥ずかしいこと平気で言えるなぁ」って、ホントに恥ずかしくなってくる映画。でもそれは、自分もあの頃に少なからず同じような思いがあったから。 (わわ)[投票]
★2甘ずっぱい話は勘弁してください。(;´д`)ノ ←映画見てるときずっとこんな顔でした。 (ウェズレイ)[投票(2)]
★5気に入ったコメントに投票しようと思ったら先に○○さんの名前が。あれっ?この人たしかさっきのコメントにも投票してたよな?どんな人なんだろう?・・・おっ、20代半ばになっても雫と一緒だ! (pom curuze)[投票(2)]
★5なにこれ?最高 泣いた でも、ジブリ嫌いだけど (ミシェルYO)[投票]
★5あなたと会うときは,自分に自信を持っていたい。なにかに向かってがんばっているっていう自信を持って,あなたに会いたい。明確な目標がなくても,前を向いて生きてるってあなたに胸を張って言える,そんな私でいたい。(02.7.28) (ばうむ)[投票(2)]
★4前半はどぉーーでも良かったんだけど・・・・なんだよ、途中からの幸せ・・・ってゆーかちょっとドロドロっぽいけど。 でもドキドキしたぁー。 (黒犬)[投票]
★3良い気分になれた。それだけでいい。 ()[投票]
★4アニメ嫌いの妻が唯一好きなジブリ作品なのだそーだ。夫婦で観たが、「恥ずかしさ」なぞ微塵も感じず、ただただ楽しく、切なく、懐かしく、清々しい。ラストなど、「いいなあ…」なんて感想が。…って、そういう感想を抱くところがもう「トシ」ってことなのかな…。イイじゃん別に!(←ナニ怒ってんだ。) (4分33秒)[投票(4)]
★4観てるこちらが照れ臭くなる「ときめきメモリアル」型アニメ。“予鈴のチャイム”等のキメの細かい学校生活描写に胸キュン必至。ジプリ作品はキスシーンが皆無に等しい!! [review] (AONI)[投票(1)]