コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 荒野の用心棒(1964/伊=独=スペイン)
- 更新順 (1/2) -

★2元ネタ作品の面白さは、武骨な主人公が図々しさと知恵で話を牽引するところ。このイーストウッドのキャラには工夫がなく、知的さもずる賢さも感じない。だから展開の数奇さの洗練度が低くいのだ。だから心理劇の爽快さがなく、活劇としても中途半端で退屈。 (ぽんしゅう)[投票]
★4初期レオーネの中では一番無駄なく引き締まっていてB級活劇に近いノリ。故に好み。ところで『用心棒』から盗んだのは脚本上のアイデアのみであって、演出それ自体はレオーネオリジナルであり、これが盗作になるなら全ての西部劇はグリフィスの剽窃になってしまうだろう。片方の一味を燃やす業火の禍々しさは『荒野のストレンジャー』に受け継がれている。 (赤い戦車)[投票]
★4怪我だらけで這いずり回るイーストウッドのかっこよさ。 (らーふる当番)[投票]
★3思いつきのように随所に挟まれる逆光、クローズアップ、ローアングルの幾つかのショットの堪らん良さが、過剰な音楽への飽きと稚拙なフォークロアめいた空間処理への疑念を相殺する。主演2人の圧倒的カリスマも結果オリジナルへの何よりの敬意となっている。 (けにろん)[投票]
★3何の前知識もなしに見ていたが、途中から「用心棒」の完全なパクリであることが明白になってわらけたw さらにこれを元にしているバック・トゥ・ザ・フューチャー3も感じられて楽しい作品。 (サイモン64)[投票]
★3暴力空間と「顔」 (バック・フィーバー)[投票]
★3設定を借りているだけで、黒澤『用心棒』は換骨奪胎され、本質を完全に異にする映画になっている。例えば、両勢力は均衡を前提としておらず、双方の勢力を軽妙に行ったり来たりする主人公という洒脱さも志向されていない。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★3黒澤『用心棒』と比べると全編に漂うユーモアや、主人公と酒屋の主人との微妙な友情の描写など、どうしても「足りないなあ」という感じがしてしまう。イーストウッドの存在感はさすがにオリジナルの三船に負けてなかったと思うが。 (イリューダ)[投票(1)]
★3これ無許可で作ったってんだからすごいと思うわ、本当。 [review] (づん)[投票(1)]
★2オリジナルと比べると酷だが、やはり飛び道具対決だといい味が出ない。 (CROZY)[投票]
★1個人的に西部劇が駄目なのか、若い世代には「世界のクロサワ」が理解出来ないのか、よく分からないが今は残念ながら一つ星とさせて頂く。 (HILO)[投票]
★2これ以降、マカロニ・ウエスタンには、なにはなくとも邦題に「荒野の」を付ける事を決定付けた映画。 [review] (シーチキン)[投票]
★2夕陽のガンマンのあとに観た。そのせいか物足りなく感じる。脇役連中が多すぎるうえ、地味に思えるからだろうか・・・? (氷野晴郎)[投票]
★3イーストウッドいわく、「脚本を一目見てこれが『用心棒』の盗作だと分かった」のだそうです。黙ってたとは性格が悪い(笑) [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★3オープニングのシルエットがなんとも渋く、哀愁を漂わせる。ルパン三世の美学はここから影響を受けているのだろうか。 (グラント・リー・バッファロー)[投票]
★51965年、イタリアの大スターソフィア・ローレンはハリウッドを訪れ、欧州一人気のあるハリウッドの大スタークリント・イーストウッドに会いたいと言った。アメリカ人のホストは「何者です?」と彼女に聞き返した。 [review] (ナム太郎)[投票(8)]
★5同じパクリでも『荒野の七人』よりに、こちらのほうが数段よくできている。モロパクリなカットもあって笑えるが、アレンジが用意周到に考えられていて、原作よりもわかりやすいところもある。なにより、クリント・イーストウッドがハマリ役!! (すやすや)[投票]
★5必殺の拳銃を携え対峙する者達の姿は、答えを求めて立ち尽くす賢者の様にも…裁きが下るのをじっと待つ罪人の様にも見える。…世界のクロサワを下敷きにしつつ、かくもオリジナリティ溢れる傑作に仕上げたセルジオ・レオーネ監督の技量たるや恐るべし。 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(1)]
★5冷酷無比な主人公がウエスタン・ハットの影でチラリと見せる、男臭さ・人間臭さ!「本当にいい拳銃なら、ホルスターに収まってるってもんだ」!! (茅ヶ崎まゆ子)[投票(1)]
★2クリント・イーストウッドと酒場のオヤジの回復力に驚いた。 (ウェズレイ)[投票]
★3アメリカのよくあるような西部劇(ジョン・フォード含む)には薄汚いイメージを持っているのであまり見ないようにしているが、この亜流作品はおしゃれで撃ち合い等見たい要素だけを引き伸ばして見せてくれた。音楽も革新的でかっこいい。 (24)[投票]
★4女はべらせて風呂に入りながら「こいつ頭いいじゃねーか、ガハハ」って観る映画なんだろ? (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★3げっ!!以外とコス狡い男!!! (hideaki)[投票]
★4セルジオ・レオーネが撮ると、デ・ニーロのアップもクリント・イーストウッドのアップも同じになるから凄い。 (ヒエロ)[投票(3)]
★5 使用される火薬の量が西部劇とだいぶ違う。その分出てくる派手さが、イーストウッドの佇まいと好対照をなしていた。かっこいい。  [review] (にくじゃが)[投票(2)]
★4黒澤『用心棒』と全く異なる映画であることを了解する。裁判沙汰まで執着した黒澤が大人げないと思えて仕方がない。例えば囚われの身になる女、『用心棒』で司葉子が演じた女の扱い、重要性が全く異なる。ジャン・マリア・ボロンテの執着度において決定的だ。 (ゑぎ)[投票(3)]
★4元が優れていると換骨奪胎すらできず、方法としては模倣しかないのだろうな。イーストウッドってアウトローという感じが本当に似合う。物語も緩急がしっかりしており最後まで一気に見せる。それにしても面白い。いや、模倣だったから面白いのか? (tkcrows)[投票(4)]
★4セリフが少なくなっても、しっかりツボを押さえて面白く出来上がっているが、あのラストには「こんなの有り?」と思ったが、これがあったからこそ後のマカロニウエスタンブームを迎えられたのだと思う。 (タモリ)[投票]
★5クリントかっこ良いなぁ。殆んどの西部劇てヒーローは無口だけどなぜかしら?馬やロバの存在忘れてドンパチするし、人の命も軽いわ〜。賞金稼ぎが動き出すと嬉しいのは棺桶屋さんね。いい商売してる・・・。あれ?これって西部3か条だった? (かっきー)[投票]
★4三船敏郎は「動」だとしたらクリント・イーストウッドは「静」。黒澤明ジョン・フォードを崇拝しイーストウッドがジョン・ウェインの後継者となったのも運命的なモノを感じる。 (斎藤勘解由)[投票(1)]
★0オリジナルを観てないんで、よくわからんが、カッコよかったし、ストーリーも良いっすよ。しかし、どーして、ここからイーストウッドは『スペース・カウボーイ』につながったんだか・・・ (サイダー・ブルーズ)[投票]
★4元祖の方は観てないですけど、この映画は面白かった。今度元祖を観てみよっと。 (大魔人)[投票]
★4マカロニウエスタンの代表的作品。アメリカ西部劇よりも、無条件で面白い。 正道でも退屈なものより、邪道でも面白いほうを私は支持したいです。 (S.R.I)[投票(1)]
★5私の映画人生は(そんなに大仰でもないが)ここからはじまった。 (tora-cat)[投票]
★5日本人であるが故、公には口に出来ないが、こっちの方が面白いと思います。まっ、較べるものじゃないけどね。しかし、韓国や香港製作のサムライ映画ってあるのでしょうか? (sawa:38)[投票]
★3本家と比べちゃイカン。イカンと思うのだが、つい。 (chilidog)[投票]
★5気持ちいいじゃないの、ここまで露骨にパクると。イーストウッドを世に出した作品としても銘記すべき作品。どこかぶきっちょで、ニコリともせず、孤高を貫き痩せ我慢しているヒーロー。不格好だがそこがかっこいい。彼独自のスタイル。 (takud-osaka)[投票]
★3髭茫々で目つきの鋭いイーストウッドと欲望の塊みたいにギラついたボロンテの存在感が,オリジナルとは一味違った凄みを出している。 (ワトニイ)[投票(1)]
★3用心棒』のままとは言え、空気の色も違うし、音楽とかでも雰囲気が違うのが面白い。これはこれで楽しめた。 (BRAVO30000W!)[投票]
★5イーストウッドはもちろんのこと、ジャン・マリア・ボロンテが良かったなあ!! (moonie)[投票]
★4マカロニ・ウェスタンって故淀川長冶氏が命名したと言います(本人談)アブラっぽくって好きでした。アメリカ西部劇はほこりっぽいです。 (ぱーこ)[投票(2)]
★3イーストウッドはこれくらいひげが濃いほうが好き。 (はしぼそがらす)[投票]
★4西部劇の古典→『用心棒』→『荒野の用心棒』ってことかな。世界中が映画でつながっていたんだなあ、と感嘆。イーストウッドはどこかのインタビューで、『荒野の〜』ではローハイドと違うことをやりたくて、無表情に徹した、と言っていた。演出のセンスがそのころからあったっmだな。 (エピキュリアン)[投票]
★2どちらを先に見るかで、気分も変わるかも。 [review] (chokobo)[投票]
★3用心棒』そのまんまなんだけど結構いける。 (RED DANCER)[投票(1)]
★4いきなり秘策。 (takasi)[投票]
★4元の『用心棒』も西部劇ぽかったしね。話がそのままでも何ら不自然さが無い訳だ。納得。 (荒馬大介)[投票]
★3続のほうが好きなんだけど。 (かふ)[投票]
★5イーストウッドのたたずまいを、そのまま楽しむべし。「高倉健的に楽しむ」にちょっと近い。 (hakaida)[投票]
★3一時期流行したイタリア製西部劇を観てみようという人にお薦め。 (丹下左膳)[投票]