コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ハワイ・マレー沖海戦(1942/日)
- 更新順 (1/1) -

★3私にとって初めての本当の国策映画である。(自衛隊では米空軍が作ったどうしようもなく親イスラエルの胸くそが悪い映画ばかり見せられる。)胸わき血沸く面白さ、それも当然、一般の少年を軍国少年に仕立て上げるのがプロパガンダの役目なのだから。 [review] (りかちゅ)[投票]
★4普通に戦意が高揚しましたが。 [review] (ロボトミー)[投票]
★5日本映画における叙事詩の最高峰。存在を賭した戦いの渦中にいた人々の血のどよめきが伝わってくる。愚かさも含めて、虚飾のない姿に震撼した。白がこんなに美しい映画は他にない。 ()[投票(1)]
★3戦前の映画。軍隊の宣伝映画ですね。前半は予科練の極めて青臭い、純粋すぎるスポ根である。あまりにも真直ぐなので、私はそれを笑うことができないのである。飛行機が飛び回る場面はやはり良いですなあ。かっこいい。 (ハム)[投票]
★3資料的に面白いシーンが多々あり、美化、礼賛が露骨なシーンもさほど悪臭を漂わせていないのは演出の上手さであり、怖さか。しかし、それら映画の本質であるはずの部分を軽く吹き飛ばすほど、怪獣・円谷英二の産声は圧倒的だ。特撮シーンの力が全ての本物映像を凌駕している! (kiona)[投票(2)]
★3訓練描写がとにかく細かい。 ボート漕ぎ、相撲、ラグビー…と、実戦に役に立ちそうもない訓練ばかりだが、 何かにつけて精神論を叩き込むための訓練だというのがよくわかる。 戦闘の方は、ほとんど模型爆破なのでマレー沖の方になるとさすがに飽きてくる。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★3誤解を恐れずに言うが、「戦争は醜い」などと最初から子供に教え込むのは、順序を間違えている。戦争には美しい面、カッコいい面が確実にあることをまず知らせる。…そして… [review] (水那岐)[投票(4)]
★3一つの記録映画として考えるとあまりにも生々しく、手放しの評価はできない。ただし、最後の一線で踏み止まろうとしていた製作者たちの真剣な視線、表情のようなものは感じられる気がした。 [review] (かける)[投票(3)]
★3開戦を今か今かと待ち望む日々を、「子供時代の(正月を待ち望む)大晦日みたいな気分だ」と言い放つ兵士。 その後の悲惨な行く末を知りもせずに・・・。 (AONI)[投票(1)]
★3規律正しい生活(集団体操がすごい)、話のわかる教官(何かというと〈気合いだ!〉)、モノホンの戦闘機。確かにこれを観てると海軍に入りたくなってしまう・・・ [review] (ジョー・チップ)[投票(2)]
★4製作時すでに大敗北を帰したミッドウェイ海戦の史実があったようですが、本作品は当然のようにそれに触れておらず終戦までひた隠しにされていた事実がよく分かる感じです。 (kawa)[投票(1)]
★3真珠湾攻撃シーンは、戦後進駐してきたアメリカ人が本物と間違えたくらいにリアルとは聞いていたが、本当に間違えるくらいに素晴らしい出来。しかし、当時この作品を観た多くの人が海軍に志願して亡くなったことを思うと素直な気持ちで観ることは出来なかった。 (タモリ)[投票]
★4冒頭:故郷の山と川をカメラが映す!「ああ、当時の日本にはこんな自然があったのかっ!」。予科練→ [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(1)]
★4当時の日本でもこれだけの空撮ができたのか。ところで… [ラピュタ阿佐ヶ谷] [review] (Yasu)[投票(2)]
★3戦時中に作られてはいるが戦気高揚映画とは違う。 (荒馬大介)[投票]
★3戦時中に作られた反戦映画(?)です [review] (捨聖)[投票(1)]