コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 自由の幻想(1974/仏)
- 更新順 (1/1) -

★3一人の人物を説話の最初から最後まで描ききらなくともカタルシスを得られる。映画の統辞法を徹底的に無視しても燦然と画面が輝く。雑然とエピソードが並んでいるように見えて微妙な線で宗教者や医者や警察など権威筋がこき下ろされている。ブニュエルとは映画である。 (ジェリー)[投票]
★4短い挿話を繋げたような映画。たしかにシュールでブラックだけど、現代では刺激が足りないか。 (saku99)[投票]
★3面白いエピソードもあるが全体的にいまひとつ物足りない。 (赤い戦車)[投票]
★5心理的状況を深く考えず、次々流れてくる映像にひたる。麻痺的な思考停止的な状態を生み出す映画が好きなので、いいな☆と思う。 (夢ギドラ)[投票]
★5私の初見の感想は、「短すぎる!」でした。もう100分くらいやってよ!お願い!。 [review] (パッチ)[投票(1)]
★3意味を追うことが無意味なのならば、思う存分毒をまき散らすなり、じわじわとボディブローを与えてこそブニュエル映画のはずなのだが、何故かそれがこちらまで届いてこないのは無意味さの質が微妙なところでずれているからだと思う。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3食事と排泄の或いは猥褻への価値観逆転は笑えるがTVで垂れ流される凡百のコントと紙一重。一方で理解不能なエピソードは『アンダルシア』を筆頭にした表現的な荘厳さには遠い。評価に迷うが権威に追従したくない。ブニュエルもそれは望まないだろう。 (けにろん)[投票(2)]
★5一面として反体制なこの作品は74年という時代故にできたのだろうけれども、同時に一面ではドリフやひょうきん族と紙一重。しかし、だれも超えられないナンセンス。 (SUM)[投票]
★5ずっと暖めていて見なかった映画、いよいよ見てしまいました。やはり想像を越えていたね。才気煥発。幾つの話があったろう。すべてひねってあるし、少しずつずらしてある。こんな超現実的な、ぶっ飛んだ、スクリーンの後ろからアカンベーをしているような [review] (セント)[投票(4)]
★4ひねくれててステキ。こういった常識を疑えって感じの、好みです。でもこれを見て、いかに『モンティ・パイソン』が偉大であったかを痛感した。 (埴猪口)[投票(1)]
★5美術にピエール・ギュフロワを迎えていますよね。案外知られてませんけど、これスゴイことなんですよ。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★3実に的確に描かれる「ありえないこと」の数々が、その正反対、然るに真実を連想させる…映画的ルート・マイナスの効能 [review] (kiona)[投票(1)]
★5ブルジョワジーの秘かな愉しみ』と並ぶ・・・いや、それ以上に変態な映画だ。 [review] (マッツァ)[投票(3)]
★4少女誘拐の話、コントみたいで面白いね。あと「吐糞病」という病名。そんな真面目くさった顔で言われても・・・ (ジョー・チップ)[投票(3)]
★5タイトル通りの鋭い発想連発劇。欲張った展開の中、一番地味な夜逃げ同様駆け落ちシーンが印象に残った。美味しいスリリングいっぱいのエッセンスが見応え満載で、瞬きが許されない衝動にかりたたされる。子供の大好きな動物園に、涙がポロリ・・・。 (かっきー)[投票]
★4淡々と変わるお話 趣と面白みが凝縮されていて なんともいい やっぱ宿での話がサイコーだな (マツーラ)[投票]
★3なんらかの感興を得たからには、行動で実践してみましょう!実践その1・二重橋の風景写真でハァハァする! (水那岐)[投票]
★4ブリアリの「夢」で一瞬、意識が遠のいた。以降、数々のエピソードは新鮮なときめきの連発。眼を丸くして見てしまう。 (ボヤッキイ)[投票]
★5この作品は、映像だけでなく物語すら様式美を超えたメクルメク美がある。 (ALPACA)[投票(3)]
★5忘却を拒絶し揺曳する夢、自動筆記再生の可能性、『トリストラム・シャンディ』、「語られる」ということの異常、「語り」のオートポイエシスとパタフィジック、因果律の風は、貴方の踵で吹き止むか?、X Filesの装置 [review] (muffler&silencer[消音装置])[投票(3)]
★4笑い、驚き、そして真の感動。ブニュエルは無意味の天才だ。 (太陽と戦慄)[投票(1)]
★5徹底した裏の世界の住人、ブニュエル氏の数々の格言を踏まえつつ、おさらいとして見てみましょう。 [review] (くたー)[投票(3)]
★5自由なんて、扱い方によってはしょせん幻想。常識は非常識で、整合こそが混乱を呼ぶのだ。 [review] (tredair)[投票(3)]
★4既成概念、さようなら。新たな概念こんにちは。ヘンで面白いです。 (みった)[投票]
★3物語の因果律、完全無視。 [review] ()[投票]
★4自由よくたばれ!! [review] (ちわわ)[投票]
★3ブニュエルらしいとんじゃった感覚がオモロい。オムニバス的な話の流れかたも良いしね。3.5点。 (ころ阿弥)[投票]
★5呆れて観るうちにラストを迎える。なぜ面白いのかよくわからないが、ブニュエルの作品では1番好き。 (丹下左膳)[投票]
★3テーブルの椅子の代わりに便器が並んでいたり、子供がいるのに捜索願を出したりと面白い所はあったけれど、もう1回見たいかというとNO。 (ユージ)[投票]