コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ウエスタン(1969/米=伊)
- 更新順 (1/1) -

★5セルジオ・レオーネの緩慢さと無時間性。それはとても饒舌なのだ。この映画の男たちはみな一様に笑みを浮かべている。なぜか?彼らはこの緩慢さを楽しんでいるのだ。何という贅沢だろうか。 (ゴンちゃん)[投票(5)]
★4イタリア歴史絵巻に似合う音楽、黒が似合うクラウディア・カルディナーレ 、脈絡がよく分からない濡れ場、、、西部劇じゃないね。ヘンリー・フォンダは、『暗黒街の弾痕』以来、悪役面が比類ない。 (動物園のクマ)[投票(2)]
★4間により趣向を限界まで極める冒頭だが、男の復讐譚と開拓史の殺戮・浪漫がバラけて行方知らずに物語は揺蕩う。それでも再び、果たした男と継承した女が交錯し歴史の彼方に消えてゆくラストの大見得。フォンダの唾やイーラムの蝿の不作為な神話性。 (けにろん)[投票(3)]
★4まさに伝統的な西部劇とマカロニウエスタンの見事な融合作品。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3この映画顔のアップのカットが多くてその時間が長い。顔のアップのカットがあっても良いとは思ってるのだけれどその時間が長いとクドいと思ってしまう。 [review] (t3b)[投票]
★4たっぷりと時間を費やした「動かざる美学」が生む緊張感。時間の無限性を駆使してスクリーンに夢幻の時間を作り出すこと。そして「速さ」を追求するのではなく「速度」を司ることが活劇なのだと、この贅沢な間(ま)が実証する。史上、最も緩慢なアクション映画。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
★5傑作。マカロニウエスタンをたっぷり楽しめる。物語自体は目新しくもないが、じっくり描き込んであり深い余韻を残す。しかし妖艶なC.カルディナーレ、渋いH.フォンダに加えて、何故コマンチ族のイモ兄ちゃん(すみません!ブロンソンファンの人)が主役なんだろう? [review] (KEI)[投票]
★4へちゃむくれとは、彼のための言葉。85/100 (たろ)[投票]
★4障害者をとことんみじめに描き切ったね。 (黒魔羅)[投票]
★3丁寧さの極みに達した結果虚構度が本家西部劇を突き抜けた。「じらし」がここまでうまくなると殆どいやみであるが、中毒になる人もいるだろう。極端なクローズアップショットの間、観客はその場で進行中の事態を類推するしかないのだが、実は何も進んでいないということに何度も気づかされるだろう。 (ジェリー)[投票(1)]
★5全てが是「演出」の映画。含意などほとんどどうでもいい。一つの頂点であることは間違いないだろう。圧倒的没入感。一種の自己陶酔映画の極致。これぞ娯楽映画。モリコーネの「演歌」は必聴。 [review] (DSCH)[投票(7)]
★5この詩情の豊かさは奇跡だ。最もロマンティックな西部劇。長さも全く気にならない。むしろこの世界にもっと浸っていたかった。 (赤い戦車)[投票]
★4導入部にかけた情熱がすごい。あと、全編、これでパロディがつくれるなあ、っていうくらい、個性的な味がある。監督がこの映画にかけた情熱が伝わってくる、それだけでポイントアップですね。 (カフカのすあま)[投票]
★5誠実さに裏付けられた不遜さというレオーネの特質が最もよく現れた、『続 夕陽のガンマン』と並ぶ最高作。誠実さというのは全シーンをとことんまで面白くしようとする態度のこと。不遜さについては作品を見れば明らかだろう。たとえば、映画が始まって一時間経過してもほとんど物語が進んでいないという「あるまじき」語り方! [review] (3819695)[投票(8)]
★4映画の40%は音楽だと豪語するセルジオ・レオーネ。 主演4人のそれぞれのテーマ曲。そしてあのオープニング・・鉄格子の音、軋む風車、通信機の音、蝿、錆びた水の滴る音、聞く映画に観る音楽ってこういう事! (寿雀)[投票(2)]
★5長い尺もビシビシ決まったレイアウトで飽きさせぬ。男どもの汚い顔面に噎せるマカロニ金字塔。こんだけ長い映画なのに終わるのが名残惜しいのだから本物だ。モリコーネ先生の「復讐のテーマ」が流れると問答無用で血が沸騰する。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★51分で済ませられそうなシーンであっても、20分かけて魅せる。この贅沢な時間の使い方。たまらん。いや、きっと当時の西部ではこんなふうにゆったりと時間が流れていたに違いない。 [review] (緑雨)[投票(4)]
★4ジル役クラウディア・カルディナーレは黒いドレスを身に纏い、清楚な美しさもさることながら、演技面でもマクベイン一家の亡骸を見つめる時の悲しみを必死に内隠すところなど表情演技は素直に伝わってくる。 [review] (わっこ)[投票(2)]
★23時間弱に及ぶには薄っぺらな脚本。早送り必須です。キャスト見たら、あの駄目親父ダリオ・アルジェントが関わっていたのか。どうりでなぁ・・。 [review] (氷野晴郎)[投票]
★5まさに”銃撃のオペラ”の名にふさわしい、壮大な叙事詩!大西部の終焉と新たな時代の幕開けを、余すところなくダイナミックに描き切った、この映画的快感!! (茅ヶ崎まゆ子)[投票(1)]
★43時間近い長さの中、僅か数発の決定的な銃声が、生死を分かつ銃声が、誇りと人生を賭した銃声が、記憶を込めたその銃声が、私の頭を貫いた。ヤラレタ。 (24)[投票(2)]
★5カッコ付けすぎの男優3人も美しすぎるクラウディア・カルディナーレも凄いがモリコーネも凄い! ハーモニカのメロからキメの場面で流れる音楽への移行は劇的以外の何物でもない。 (ドド)[投票(8)]
★4ハーモニカの音色が復讐の刻を告げる…。 全編ケレンの塊にしてブロンソンの「いい顔」がもうこれでもかと! (たかやまひろふみ)[投票(4)]
★5短い。短すぎる。それは、カルディナーレとフォンダの関係を補完するシーンが必ずあるだろう、ということもあるが、私は「もうこの映画が終わらなければいい」と感じる。「ずっとジェーソン・ロバーズを見ていたい」と思う。 [review] (ゑぎ)[投票(5)]
★5マカロニウエスタンが本家のアメリカ西部劇とがっぷり四つで組み合っている。アメリカ西部劇には無い自由な発想のキャスティング(決して奇を衒っていない)と、長い長いワンシーンに時の流れを刻む音楽。それら全てがはまっている。 (タモリ)[投票]
★4ハーモニカ、それに導かれる悪も美しい。埃にまみれたブロンソンとフォンダなら尚のこと。 (きいす)[投票]
★5こんなかっこいい奴本当に実在したのかな?卑怯な手は一切使わず・・・余裕の構えですね。でも、決闘で命を散らすのは、腰抜けと呼ばれ真っ当に生き生涯を終える人よりもこの時代では名を残す存在なのかもしれない。なんて思ったりして。 (かっきー)[投票]
★4画面いっぱいに男たちの顔面が(主にブロンソン)。まあ、確かに彼の顔見てると限界まで寄ってみたくはなりますけども。 (ペンネンネンネンネネム)[投票(2)]
★5Who…who are you? (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(2)]
★4冒頭の長い長い出だしからこの映画がタダモノじゃないことを感じました。今風アクションはないけど、ズシっとくる西部劇です。 (ボビチタ)[投票(2)]
★5主役がブロンソンのようでいて、美味しい所は実はフォンダとロバーツが持って行く映画。 カルディナーレも「男を立たせる」魅力抜群。ロバーツでなくても「尻タッチ」したくなるよね! しかし、あのシチュエイションでも「尻タッチ」するロバーツが愛らしい! 音楽がまた映画の雰囲気を良く伝えていて素晴らしい。 (フランコ)[投票(2)]
★5ヘンリー・フォンダの悪役ぶりが忘れられない。ブロンソン、ロバーズもいいぞ、そしてモリコーネの甘い音楽とゆったりと流れる時間…。異色の西部劇。 (丹下左膳)[投票(3)]
★3ブロンソンの前では、ヘンリー・フォンダなんぞ単なる引き立て役にすぎないのであった。CCも良かったです。 (ハム)[投票]