コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 風と共に去りぬ(1939/米)
- 点数順 (1/3) -

★5戦前にこれをつくっていた国に勝てるはずがありません。 (すやすや)[投票(10)]
★5人は、未来永劫に語り継がれる名作を求める。そして、この映画はそれにふさわしい。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(7)]
★5「スカーレットって生理的に好かない。男を振り回して何様だと思ってるんだ。」というわが主人は極度のマザコンです。 (りかちゅ)[投票(6)]
★5決して現状に満足することのないスカーレットは、ロマンチストの典型。常に何かを求めてやまない。 (KADAGIO)[投票(4)]
★5衣装、かくありなん。 [review] (Aさの)[投票(3)]
★5戦時中に出来たとは思えない名画。当時の人々はこの映画に安らぎを覚えたのではないかな?単純な恋愛映画ではなく奥深い魅力を感じます。音楽・美術センスにキャスティングも最高。ビビアン=スカーレットは同化。時代的のアメリカパワーに圧倒した。 (かっきー)[投票(3)]
★5若い頃ボーイフレンドと一緒に観た後「スカーレットに似ている」と言われ激怒した私。子供でしたぁー。(チョット自慢入ってスミマセン!(汗 [review] (ヤッチ)[投票(2)]
★5製作から66年、いまだハリウッドはこれを越える作品を、作り得ていないのではないか。['05.9.24DVD] [review] (直人)[投票(2)]
★5人はなぜ生きるかではなく、どこに生きるかを描いた、いや描ききった映画。Choose life. Choose cinema.(from『trainspotting』) (G31)[投票(2)]
★5主人公が嫌いだという女性がいます。だけど、これが女性の本質なのです。この映画が嫌いな女性は、女性の本質に嫌気がさしているのかもしれません。 [review] (TAKAどぅ〜)[投票(2)]
★5この映画の一番の見所は、彼女の周りだけ濃密な空気が澱み、長く一緒にいるだけで窒息しそうな気分になるスカーレットをビビアン・リーが演じ切れたと言う点にあるのでは? [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★5戦前にこんな大河ロマンを!主人公のアクがあまりに強すぎて、誰も彼女に「アンタは単なるわがまま野郎なんだよー」と忠告出来ないのが哀しい。バトラー、あんたこそ男だ。 (Lycaon)[投票(2)]
★5長編なのに全然飽きさせぬストーリー、1コマたりとて無駄のない展開。見事としか言いようがない完成されつくした映画。ベタかも知れんがこりゃ凄いと思った。 (相田くひを)[投票(2)]
★5炎の女スカーレット、慈母神メラニー。強き男レット、優しき男アシュレー。この4つのキャラクターの明確なわかりやすい対比。南北戦争というアメリカの歴史上最大の「風」と製作当時の「風」(第二次世界大戦)と、時代の気分にうまく乗って名作となった映画の中の映画。日本での公開は戦後だが、我々にとってもアメリカという国の物凄さ、砕けて言えばその豊さに、がく然とさせられた最大の作品ではないか。 (takud-osaka)[投票(2)]
★53日3晩見ました。第1部がいい。主役の4人の次に好きなのがハティ・マグダニエル。 (ジェリー)[投票(2)]
★5圧倒的迫力で迫る これこそまさに古き良き時代の代表的ハリウッド大作映画。 Tomorrow is another day 何ていい言葉だろう 明日への希望が湧いてくる。 (ルクレ)[投票(1)]
★5スカーレットは私の憧れ。そしてメラニーのように賢く美しく生きたいと思う。 (パスタ)[投票(1)]
★5★5つけるしかない理由が山ほど浮かびます。 [review] (奥澤丈治)[投票(1)]
★5クラーク・ゲーブルの笑った顔を見たときは私の胸がドキドキした。 (ihishoujyo)[投票(1)]
★5登場人物はきらいな性格の人ばかり。でも、映画はよい。1930年代にこの映画を作るアメリカは、やはり娯楽にかけては天下一。 (Osuone.B.Gloss)[投票(1)]
★5”大作”とか”大河ドラマ”とかいうキャッチフレーズは,こういう作品のためにあるんだと思う。 [review] (ワトニイ)[投票(1)]
★5史上最強のメロドラマ。 (movableinferno)[投票(1)]
★5あの時代に、これだけの超大作を作ったアメリカは凄すぎる!この先、リメイクは二度と無理だろう。スカーレット役はヴィヴィアン・リー以外には考えられない・・・ (撫子)[投票(1)]
★5これだけのスケールの映画をこれだけの長さでつくってしまうあたり、あなどれない国です,アメリカ。今だったら、原案をもっていっても「そんなに長かったら興行がねえ・・」とかいわれて却下されそう。 (kazya-f)[投票(1)]
★5ビビアン・リーが何を着てても美しい・・・!小説とあわせて、恋愛についても多くを学びました。 (ぱん)[投票]
★5 恋愛映画だけでなくスペクタクル性、ドラマ性、アメリカの歴史映画としてどれをとっても一級品の大大作。 [review] (双葉三十郎)[投票]
★5強い意志の目と、薄い唇のアンバランスが魅力的。いっちゃうよなあ、でもいかないよなあ、の行ったりきたり、でしょ? (動物園のクマ)[投票]
★5説明不要の超名作。これを見ずして映画ファンは語れない。戦前の映画だが今でも充分に通用する超大作。テンポの良い映画なので飽きずに楽しめる。『タイタニック』『インディ・ジョーンズ』『スターウォーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も『風と共の去りぬ』と比較すると単なる娯楽映画でしかない。映画の素晴らしさを堪能する為の映画。 [review] (HILO)[投票]
★5映画って本当にすごい……そう実感させられた。 現実を描いているのに、すごく透明感があって、綺麗だった。 素晴らしい作品だなぁ。 (チョコート)[投票]
★5なぜか?アシュレーの生き方が、賢くて楽だと思った。映画の作りは、すばらしい。『バック・ツー・ザ・フューチャー』もこれを手本にしたのかな? (中世・日根野荘園)[投票]
★5すごい昔に見たので、よく覚えていないがとりあえず、なんか強烈な印象を受けた。 (Tanz)[投票]
★5今観てもスケール大きさには圧倒される。もしこの映画がもっと早く日本で上映されていたら歴史は変わっていたのではないか? (斎藤勘解由)[投票]
★5この映画の何処がどう面白いの?と聞かれると困るが、とにかく心に残ってしまう。名作ってそういうものなのでしょう。 (アンジェリーナ・ジャリー)[投票]
★5自分の人生を考えさせられた作品。平凡に生きるのがいいのか、波乱万丈だけど情熱的に生きるのがいいのか。女性ならだれでもこういったことを考えると思う。スカーレットの美しさに魅了されます。 (モモ)[投票]
★5カーテンでドレスを作ってしまう、そんな勝ち気な女に私はなりたい。これぞ不滅の名作です。 (arisan)[投票]
★5スカーレットにかこつけた、レットの純愛物。僕はそう思ってる。 (ふりてん)[投票]
★5この映画をみてショックうけるのはしょうがない。最高の2人だと思う。レットのようになりたい! [review] (ベルディー)[投票]
★5女性にうけるようです。 [review] (みった)[投票]
★5この時代でアメリカのスケールの大きさは凄い。この内容で娯楽作に仕上げてしまうのも、これもまた凄い。 (hidering)[投票]
★5Tomorrow is another day. この有名なラストの台詞は私の座右の銘です。 (ヤスミン)[投票]
★5レッドバトラーにいったい何の不足があった?肉食系男子は貴重な存在。 (YUKA)[投票]
★595点。子供の頃には理解できなかったけど、大きくなってからみたらすごかった(^-^ (ナッチモニ。)[投票]
★5「タラに返ろう」のところは、何度見ても泣けてしまいます。 (お珠虫)[投票]
★5ビビアン・リー、ゲーブルの豪華さ!どう足掻いてもこれ以上のものは作れない気がするから。 (バタピー)[投票]
★5=温故知新 (どらら2000)[投票]
★5小学生の頃は、この映画をビデオで見ることが一家の正月行事の一つだった。 [review] (ミイ)[投票]
★5ラストがいい!スカーレットは憧れの女性像です。 『私は二度と飢えない』と言ったシーンが印象的。 大作の名にふさわしい。 (bota)[投票]
★5スカーレットの生きざまにつきる。 (ハサウェイ)[投票]
★5時代が変わっても、変わらないんだなー。名作だけある。 (チョロン)[投票]
★5役者が素晴らしいですよね。 (kenichi)[投票]