コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ミッション(1986/英)
- 更新順 (1/1) -

★4すさまじいアマゾンのジャングルシーン。素晴らしい美しい映像でした。撮影するのにどれほどの苦労があったのだろう。 (USIU)[投票]
★5戦いの時、心の中で本気でロバート・デ・ニーロを応援した。そして、応援した事がジェレミー・アイアンズに対して申し訳ないような気持ちになった。この映画はもっと高く評価されていいのでは。 (カレルレン)[投票]
★3見ている時はそこそこ感動を覚えたが、宗教に疎い自分に残るものはほとんどない (TOMIMORI)[投票]
★3宣教師たちの努力の甲斐なく教化に失敗した日本。ドレスとケーキでにわか信者になりたがる現代日本人。 [review] (sawa:38)[投票(1)]
★3列強の領土拡大の中で、支配する者と支配される者、そして神(キリスト教)に従う者。いずれにせよ、ネイティブな人たちには、はた迷惑な歴史。その悩めるはた迷惑な存在をデ・ニーロとアイアンズが、好演。 (chilidog)[投票]
★3キリスト教の教えをそのまま守ればこーゆーことにはならないでしょうね。 (ぴよっちょ)[投票]
★3教会のお偉いさん方はどうしても地獄に落ちたかったのだろう。そうとしか思えねえ。 (24)[投票]
★5あとでビデオで見たときはそうでもなかったけど、映画館で見たときは本当に感動した。 (coomin)[投票]
★5西欧文化の勝手な押し付けについて、深く、深く考えさせられた。 (ダリア)[投票]
★3スケールの大きい作品で佳いのだが、キリスト教的欺瞞がむかつく話だ。 (RED DANCER)[投票]
★4受難の歴史。文明と宗教。イエズス会、日本に初めてキリスト教を布教した人たち。江戸時代の私たちの先人とオーバーラップした。デニーロが珍しくJ・アイアンズに喰われてると思いましたが。 (セント)[投票]
★4デニーロが一人浮いているような。村から聞こえる賛美歌を聞いて思わず十字を切る兵士に涙。 [review] (ジョー・チップ)[投票]
★580年代に多く創られた、きちんと核のある大作のひとつ。ここで見せるデニーロの真摯な演技は胸を打つ。現地の子供たちの無垢な瞳も印象深い。そしていつまでも心に鳴り響くのが彼らの歌声。この感動を忘れ切る事が出来ようか?。 (TOBBY)[投票(3)]
★3たぶん、この監督は、テーマに持てる技術(作劇)が追いついていない。 [review] (Kavalier)[投票(1)]
★4全盛時代の良質な日本映画を思わせる作り。布教活動は文明なのか文化なのか。奥行きがありますなぁ、この作品は。 (ヒエロ)[投票(1)]
★3サラ・ブライトマンもカヴァーしたモリコーネのテーマ曲をバックに死へと向かっていくシーンが印象的。 (ジークフリート)[投票]
★4クセ者演技派のリーアム・ニーソンエイダン・クインも、当時絶頂期だったロバート・デ・ニーロの前ではちょっと遠慮気味でしたね。 (黒魔羅)[投票]
★4死して立ち向かう荘厳さ。しかし、自らの土地は抛っておいて,あそこまで布教に行く欺瞞=宗教に名を借りた侵略って奴は厭だ。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★4代赭色の光に満ちた硬質な色調がすごい。書けてない脚本を補ってあまりあるロバート・デ・ニーロの演技もまたすごい。 (ジェリー)[投票(1)]
★3業を背負い,業を祓い,業の前に死す。 (もーちゃん)[投票]
★5最初は金返せ〜と思って観てたがラスト10分でそれを撤回した クワイアはホントに素晴らしい (JamCat)[投票]
★5滝の壮大さに感動。音楽も良し。主演の二人は当代最高の俳優であることを証明した。 (ハム)[投票]