コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 千利休 本覺坊遺文(1989/日)
- 更新順 (1/1) -

★4本作初見の時、私は何も知らないまま☆2だった。今、「へうげもの」を読み、それを通じて利休、古田織部、織田有楽斎を知り、さらに熊井啓監督を知り、再見し☆4。本作は萬屋錦之介のベスト、ではないだろうか。 [review] (シーチキン)[投票]
★4三船敏郎芦田伸介の、今にも殴り合いが始まりそうな緊張感が出色。もしかして本当に嫌い合っていたのでは? (カレルレン)[投票(1)]
★3権謀術数渦巻く武将たちの合戦紀が戦国の男たちの表舞台の物語であるならば、死の予感の静寂とともに己の矜持を冷徹に且つ激しく守り抜くこの戦いもまた、紛れなき乱世の世の男の物語である。その静かな闘いを浮き彫りにする木村威夫の撮影が秀逸。 (ぽんしゅう)[投票]
★3端正で小綺麗な世界に埋没して異端とも思える利休=三船の配役も何の効果も出さず仕舞いであった。戦国時代に於ける茶の道の意味の端さえも窺えずにひたすら推理劇めいた物語に堕するのであるなら没400年を記する意味さえおぼつかない。 (けにろん)[投票]
★2静かで美しい映画だけれどそこまで。奥田瑛二はエロスを通り越して生臭坊主に見えてしまった。三船は……ものの見事に団しんやのモノマネみたいな芝居してましたが。 (かける)[投票]
★3「・・・茶なんざどう飲もうが勝手だろうが!」は撮影中の三船の言。さすが世界の三船、いきなり茶道の核心にせまっている。 (はしぼそがらす)[投票(3)]
★4結構面白かったス。秀吉から離れて独自の王国を作り、危険な存在になったんだね。許そうとする秀吉を逆に死を持って復讐することも納得できた。ただ、利休が三船ではねえ。 (セント)[投票]
★3さすが三船!千利休は目が飛んでるはずだよな!ドラッグダモンネ、お茶って。 (billy-ze-kick)[投票]
★3「無」と書いてもなくならないが、「死」と書くと、何もなくなる、でしたっけ、その逆だったかな?(汗)不勉強にして、茶の道は不可解。 (uyo)[投票]
★3茶の湯の世界といえば静かなものを想像する。確かに厳かに進むが、出ている人達は今にも人を斬りそうな人達ばかり。 (タモリ)[投票(1)]
★2三船・利休は茶せんを刀のように振るんだよね。フンフン言って。 (G31)[投票]
★2難解な割に陳腐な演出。四季折々の風景を上手く切り取った美しい映像だけが救い。[Video] (Yasu)[投票]
★3熊井啓の時代ものっていまいち。本覚坊から利休を見ている視点は面白い。三船敏郎が利休というのはいかがなものか。同年制作勅使河原宏版の方が好き。 (chokobo)[投票]