コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] Revolver リボルバー(1988/日)
- 更新順 (1/1) -

★4ポジティブな情熱や執念とはまったくかけ離れた動機でだるそうに行動を起こす主人公が、まさしくジュリーにぴったり。群像劇として複数人のキャラクターをさばく構成の妙といい、それとなく盛り込まれる気の利いた台詞といい、荒井晴彦脚本の功績も大きい。 [review] (太陽と戦慄)[投票(1)]
★3今思うと、色々な映画がかぶります。藤田敏八監督の遺作ですね。 [review] (chokobo)[投票]
★4前振りがまどろっこしいなぁ…と思いながら観続け、ようやく辿りついた札幌駅。俄然スピードを増して突入していく捕り物(って表現でいいのかなぁ…)で、いろんなキャストがようやくぴたりと納まる感じは、まさにスッキリ! ジュリー(沢田研二)がどうとかは別にしても、いい映画。敏八さん、さすがです! (ラジスケ)[投票(1)]
★4佐藤正午の持ち味であるご都合主義の面白さを荒井晴彦が手際よくまとめ、藤田敏八が、らしからぬ歯切れよさでさばいた佳作。撃つべき相手も見えず銃を持つ権利だけを手にした男から、狙うべき私念の標的を持つ者たちの間を転々と彷徨うリボルバー。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
★4沢田研二と警察官のマッチぶりにまず驚いた。村上雅俊佐倉しおりの演技は正に私が育った時代の映画を感じさせる。10若かったらこの映画のニュアンスを掴めなかったに違いない。映画を強く意識させる、物語、カメラも良い。 [review] (t3b)[投票]
★41挺の拳銃を巡っての芋蔓式に連鎖する物語が一触即発の危機感を孕みつつも微妙な緩みと倦怠を内包する。沢田の疲弊感がいい塩梅で映像はキレ良くパワフル。藤田敏八の新たなスタートを感じさせるに充分な出来だった。つくづく惜しい。 (けにろん)[投票(2)]
★3リボルバーの転がり方、各キャラの造形がいかにもな感じ。藤田敏八らしくないテンポ感。 [review] (ざいあす)[投票(1)]
★3和製現代版『ウィンチェスター銃’73』。藤田敏八監督による、シラケ世代版『野良犬』ともいえる? [review] (AONI)[投票(2)]
★2情けないジュリーはけっこう好みだけど、最後まで見どころが何なのか分からない映画だった。 (鎌倉ルパン)[投票]
★4拳銃を巡るドタバタ。誰かが突出する訳でもなく、あくまで、ドタバタが続く様は、案外、貴重なお手本。尾美としのりと山田辰夫がとくにヨカッタ。 (しど)[投票(1)]
★3「袖擦り合うも多生の縁」てな感じで進むアイデアは悪くないが、その分話が散漫な印象になったのは否めない。 (MACH)[投票]