コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ダブルベッド(1983/日)
- 点数順 (1/1) -

★4自由人を気取りつつ男女という制度の内側を這い回る男どもを尻目に、女(大谷)はするりと呪縛をすり抜けた。そんな快感のリアルを追求する真摯な大谷直子の“声”が実にエッチ。ロマンポルノ史上最も猥褻な声を、映倫や検察は見逃して、いや聞き逃してしまった。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4おーい、これエロビ?気軽にみていたら濃厚なシーンにぶっ飛んでしまった。高校生のとき大谷直子ファンを公言する男がいてずっと不思議だったが、すこし謎がとけた。 (worianne)[投票(2)]
★4映画の内容とはズレるが、大谷直子のような艶っぽい演技をする女優、少なくなりましたよね。多くが薄くしかも外皮だけのような気がします。大人による大人のための大人の映画。ああ、そうか、大人の演技者がいなくなってきたんだ。物語は成人向け、しかし深い味わいを求めたい人に。 (tkcrows)[投票(1)]
★4こういう味のある映画は撮れそうで撮れないもの。若かりし頃の石田えりもいいが、この大谷直子なら溺れても仕方ないと思えてしまう。 (ナム太郎)[投票(1)]
★4絶頂期の大谷直子、若き石田えり高橋ひとみの魅力に伍して柄本明がきっちり映画を背負って立っている。荒井晴彦の科白は実に面白いが、同時にけっこう複雑に人物がからむ筋立てで下手な監督ならまとめ切れないように思うのだが、パキさんのプロットさばきは見事なもんだ。藤田敏八の最良作かも知れない。 (ゑぎ)[投票]
★4白球がコンクリートの護岸に守られた川に落ちていく。陳腐な演出だがどきどきさせられる。全共闘の生き残りの男たちと「生き方」を模索する女たち。藤田敏八の手腕が際立つ一品。 [review] (sawa:38)[投票]
★3柄本明がちょっと羨ましい。 [review] (熱田海之)[投票]
★3自分が柄本明の立場だったら、確かに大谷直子に溺れていく気持ちも分からないではない。[Video] (Yasu)[投票]
★3榎本明の顔から、あの理想的な体型が想像できようか。 (大魔人)[投票]