コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 騙し絵の牙(2020/日)
- 更新順 (1/1) -

★3ポスターやトレイラーのイメージと違い、主演が二人の映画だ。しかも、少なくも序盤中盤までは、断然、松岡茉優の映画。ラストは大泉洋が締めるので、主役が二人という印象だが、松岡が締めていたら(編集順を替えていたら)、大泉は主演とは云えないだろう。 [review] (ゑぎ)[投票]
★4これは思わぬ拾い物。すごく面白かった。 [review] (なつめ)[投票(1)]
★4よく練られたプロットと、それを最大限に表現する演出とカメラワーク。それに応える役者陣。 [review] (K-Flex)[投票]
★4わかりやすい解説を上手く物語にとりこんでまとめられている。後に残るものは少ないが、見ている間は十分楽しめる、手軽な一本。ただ個人的には池田エライザの出番がもっともっと、観たかった。 (シーチキン)[投票]
★4いわゆる社内権力争いや業界の内幕を描く企業エンタメもの。消えた謎のベストセラー作家の行方や出版メディアの現状をスピーディーに描いていて飽きさせない。あくまでピュアに本(出版メディア)を愛するヒロインと、本屋を営むその父親がいい味出しています。 (AONI)[投票]