コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] KCIA 南山の部長たち(2019/韓国)
- 更新順 (1/1) -

★4原作ありのフィクションだけど、大筋は十分ありうるひとつの真実になっていて、スリリング。 [review] (SUM)[投票(2)]
★3韓流っぽい過剰さを押さえた演出と表情のないイ・ビョンホンの硬質顔のストイックさに好感。耐えに耐えた末ののっぴきならない人情悲劇と思いきや、動機の多重性を臭わせる権力者の心理構造劇へ。落としどころの割り切りの悪さがエンタメとしてのキレを削ぐ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4どんどん状況は悪くなっていき後戻りもできないという展開が終盤とラストの2つの山場を直線的に貫く。苦楽を共にし戦ってきた同志を2度にわたり手にかけることが、ホモソーシャルな4角関係のなかのジェラシーに基づく点を執政への正誤判断と併置して描く。 (けにろん)[投票]
★3場面で云うと、ワシントンD.C.とパリ、フランスのシーンがいいと思う。米首都では遠景のオベリスクを上手く取り込んだ構図の選択が目を引く。フランスの場面では、ヴァンドール広場での活劇シーンの演出がいい。 [review] (ゑぎ)[投票]
★4一人の男が追いつめられていく様を、ひりひりするような緊迫感の中で描いた、第一級サスペンス。だが、これが答えなのだろうか。あるいは事件から40年が経って、韓国はそれをようやく娯楽作として撮ることができるようになった、ということなのだろうか。 [review] (シーチキン)[投票(1)]