コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] フォードvsフェラーリ(2019/米)
- 投票数順 (1/1) -

★4クリスチャン・ベイルがめちゃくちゃカッコいい。もう『ライトスタッフ』の、チャック・イエガーのよう。そしてベイルと同じぐらい、その妻・カトリーナ・バルフが素晴らしい。『ライトスタッフ』のバーバラ・ハーシーのようじゃないか。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★3俺はフォード派なんだよ。フェラーリなんて気取った奴らは嫌いなんだよ。それなのに、なんであんな意地悪な描き方するの。 [review] (K-Flex)[投票(2)]
★4已む無く信義則を踏み躙るデイモンと忸怩たる思いを押し殺すベイルのパターン反復でもポン友でいられたのは互いに裏表が無いからでマンゴールドは物語に確信的信頼をもって押し通す。殴り合いでの和解や薄暮の中の伝承といったベタさえ心地良い。 (けにろん)[投票(2)]
★3カーレース版『相棒』。フェラーリ関係ないし。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★521世紀も20年経った今、これほど時代遅れな男の子映画はいかがなものか、という気持ちはさておき好き。大好き。『紅の豚』であり、泉優二の小説「チャンピオン・ライダー」であり。動力機械好きやレース好きにはたまらない。2時間半という長さを感じさせない編集も素晴らしい。 [review] (月魚)[投票(2)]
★3フェラーリの車体、美しいっすね。 (もがみがわ)[投票(1)]
★4あからさまな作劇、類型的なキャラクター、とかもうどうでもいい、男のコはガソリンとゴムの匂いは素通りできない。カトリーナ・バルフがすごくいい!フェラーリばりの魅力だ! (動物園のクマ)[投票(1)]
★5いいアクション映画を撮るのが1番偉い [review] (akerue)[投票(1)]
★3字幕:林 完治。字幕監修:堀江史郎。☆3.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★5グラン・プリ』や『栄光のル・マン』といった名作が公開された当時は「レース映像のパッケージ」という時点ですでに価値が高く、昔から映画的な題材だと言える。それを66年当時では不可能だったアングルなどでレーサーやマシンの挙動を細かく捉えてなるべくリアルに再現してくれたと感じた。その上で多くのアガる演出があり、クリスチャン・ベールの演技込みでとにかく最高だった。 [review] (HAL9000)[投票]
★3「セクシー」はこういう場で使わんと。 (黒魔羅)[投票]
★3「フォードvsフェラーリ」のタイトルに裏切られた。社内権力とクルマ愛の映画であって、フェラーリに嫉妬したフォード二世のバカぶりが浮き彫りにされただけ。 [review] (jollyjoker)[投票]
★3フォード社のクソどもは、要するにFOXとディズニーのクソどもなんだろうなと思う。フェラーリの方がカッコいい。イタリアではヒットするだろうか。 (ペンクロフ)[投票]