コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ちはやふる 上の句(2016/日)
- 更新順 (1/1) -

★3兎に角広瀬すずという素材が佳い。それを「アイドル映画」でなくちゃんとした「青春映画」としてエンターテイメント出来る程、日本のサッカーは進歩したんだなぁ。違った、日本の映画は。☆3.6点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★4アイドルが出る青春映画だと思ったらかなり感動した。とても共感できる青春ファンタジー映画だった。 [review] (考古黒Gr)[投票]
★3競技かるたを発見したことが最大の功績。でもそれ以上ではありません。 [review] (さず)[投票(1)]
★2これ、一体何が悪いんだろう?台本が悪い?演出が悪い?役者が悪い? [review] (ダリア)[投票(1)]
★5日本人EDM→PerfumeFlash』→主題歌→『ちはやふる』→広瀬すずというコースで辿り着いた作品。広瀬すず主演の学園ドラマならハズレ無しと思い鑑賞。 前述のように原作未見なので原作ファンの反応はともかく単純にキラキラしてる青春ドラマが堪能出来た。 (HILO)[投票]
★4机くんがいなかったら広瀬すずが可愛いだけの凡百のアイドル映画だったかもしれない。かるたをやる理由がもっとも希薄な机くんにこそ、もっとも濃厚なドラマがあった。行動の動機の深刻さは過去によって規定されるわけではないのだ。 (イリューダ)[投票(1)]
★2キャストに難あり。原作冒涜に等しい。肉まんクン・大江かなちゃんだけは許すが上白石はパットを多用してでも原作同様巨乳キャラを演じてほしかった。物語的には一番大切な小学生時代を雑に扱いすぎ。認めません。 (IN4MATION)[投票]
★3連載漫画をバラしてタイトな劇映画に再構成する手腕はデフラグの如し。広瀬すずは美形だが、端正な顔を突き破る情熱の迸りが見たかった。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★3可愛く元気でちょいドジという少女漫画の鉄板キャラを広瀬すずが見物とさえ言える熱量で演じるが、それでも尚ルーティンで退屈。カルタなのにスポ根もどきの作劇構成も『シコ』・『ピンポン』といったジャンルのマスターピースの継ぎ接ぎにしか見えない。 (けにろん)[投票]
★4映画の最初に映し出される名前は「原作・末次由紀」。原作ファンの期待を裏切らないことへの自信の表れ。 [review] (カルヤ)[投票]
★4この監督さんは青春映画の撮り方をよく判っていらっしゃる。 [review] (K-Flex)[投票(2)]
★3わかる。わかるぞ机くんの気持ち。 (黒魔羅)[投票(2)]