コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 赤ちゃん教育(1938/米)
- 更新順 (1/1) -

★3確かに尻尾の先までアンコ詰まってます感はある。だが干からびたアンコをいくら詰込んでも嵩太りするだけ。恐竜化石に豹ってのがとんでもなく飛び道具なんだが今いち転がし不足。であるから、キャサリンの極北キャラを適合させ得る世界になってないのだ。 (けにろん)[投票(1)]
★5これぞ映画!キャサリン・ヘップバーンの素晴らしい演技、小道具の使い方、ノリツッコミ、、、。「ダメだ、やっちゃいけない」「もう、よしなさい」とケーリー・グラントと一緒に叫んでた。ホークスの粋な傑作。 (動物園のクマ)[投票(2)]
★3豹ネタいつまで引きずるのか。飽きるね。65/100 (たろ)[投票]
★4ケイリー・グラントキャサリン・ヘプバーンの驚異的な身体芸あっての映画だが、留まるところを知らないホークスの悪ノリっぷりもさすが。誤解を招いていくのも、その誤解が解けるのも視覚の力によっているから分かりやすい。 (赤い戦車)[投票]
★3同時代のハリウッド女優に比べて、客に媚がないぶんC・ヘップバーンのエキセントリックさは可愛さを通り越して随所に刃物のような鋭さを見せる。この喜劇がどこかスリリングなのは、ホークスの仕掛けやC・グラントの思惑を半歩踏み超え彼女がはみ出すからだ。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3あくまで同時代的な映画だが、ホークスのドライブする演出、グラントのセンス、キャサリン・ヘップバーンの芸達者ぶりが面白いSO-SOコメディ [review] (junojuna)[投票]
★5Who brings who? という部分が『Raising Arizona』に受け継がれていないのが残念。とこれはあっちのレビューに書くべきことでした。 (PaperDoll)[投票]
★2正常な中に自然発生した異常ならば笑えるけれども、異常な中に不自然に発生した異常を笑えるかと言えば、それは否です。 [review] (づん)[投票(1)]
★4もしかすると、70年後に『崖の上のポニョ』が作られるまで、映画史上最も荒唐無稽なボーイハント映画だったかもしれない。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★5このキャサリン・ヘプバーンは完全に頭がおかしいのだが、笑いすぎてこっちの頭もおかしくなりそうだ。世界一笑える映画。とんでもない前衛映画。ケイリー・グラントとヘプバーンの能力の高さをまざまざと見せつける映画。ホークスが史上最も聡明な監督であることを証明する映画。 (3819695)[投票(5)]
★4所詮ラブコメなのですが、さすがハワード・ホークスだけある上質な笑いの数々、たっぷり堪能しました。ちなみに... [review] (りかちゅ)[投票(1)]
★5コメディーは何でもありでいいのだということも、何でもありであることに説得力を持たせることこそコメディーのミソなのだということも、ホークスは知り尽くしている。ケーリー・グラントの顔とキャサリン・ヘプバーンの喋り方こそ「説得力」だ! (のらぞんざい)[投票(1)]
★3後半のドライヴ感は良かったが、それに至るまでのスーザン(ヘップバーン)の余りの傍若無人さに我慢がならず、コメディとは知りながらも残念ながら最後までそれを払拭出来なかった。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★5コメディー映画としても最高だが、コメディー映画というより愛の物語と捉えたい。 [review] (寿雀)[投票(2)]
★2ケイリー・グラントキャサリン・ヘプバーンと演技陣は豪華だが、コメディとしてはもう風化しており、むしろヘプバーンの我侭ぶりが神経に障るのみ。暴走する物語をきっちり完結させる手腕は、現在の目から見ればオーソドックスに過ぎる。 (水那岐)[投票(2)]
★4ケイリー・グラント絶妙の演技!スクリューボールコメディ万歳! [review] (TO−Y)[投票(1)]
★3観てるとイライラしてくる。ちょっとしつこいのかなあ。 (buzz)[投票(1)]
★5グラントがつまずく。負けじとヘプバーンも転びまくり。転んだ弾みで話の軸もどんどんズレていく。後ろを振り返る余裕なんかないです、コレは。 [review] (くたー)[投票(8)]
★4話は最後には無茶苦茶になってしまったが、テンポの良さが最後まで貫かれていて最後まで楽しめた。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★5カラリとふっきれていて面白い。抵抗しても、抵抗しなくても結局は同じ穴のムジナ。だから積極的巻き込まれ型コメディ。 (カフカのすあま)[投票(1)]
★5コメディ映画の最高作を敢えて選ばなければいけないとしたら多分これを選ぶと思う。映画館で最も呵々大笑した映画がこれ。ハワード・ホークスの奇跡的なコメディ。 [review] (ゑぎ)[投票(7)]
★5発想が鋭くて笑い死にしそう・・・。なーんで豹かな?家の中に閉じ篭ってばかりで、誰かに強引に外へ連れ出された心境だった。新たな視野を見出した様なグラントの演技と、尻を叩いて動かす様なキャサリンの演技に、「飽きる」と言う文字は見つからない。 (かっきー)[投票(1)]
★4結局なんだったんだこのドタバタは?って感じ、、、これでイイんですよね、映画の評価としては? (天河屋)[投票(1)]
★5キャサリン・ヘップバーンに振り回されまくるケーリー・グラント。ヒッチコック映画での渋さはいずこへ!? (ADRENALINE of Adrenaline Queen)[投票]
★3このスピード感は得がたい。観客もアリス(婚約者)も置き去り。 (黒魔羅)[投票]
★4ヘップバーンのお転婆ぶりを見てると、元気になる。でも、それよりもグラントの若造っぽさが、かわいらしい。 (━━━━)[投票]
★4この映画を見るには通常の2倍の集中度がいる。柔な神経ははねつけられる。 (ジェリー)[投票(2)]
★5スクリューボール・コメディの最高傑作。主役の二人も完璧。 (丹下左膳)[投票(1)]
★3洗練された作品。でも現代から見るとちょっとテンポが…。 (ワトニイ)[投票]