コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] その日のまえに(2008/日)
- 更新順 (1/1) -

★3老境に差しかかった大林が、送られる側の視点に立ち「決して悲しむなかれ」との思いを甘美に綴るのも分からなくはないが、やはり長すぎる。伝えたいことを絞り込めば違った印象に成り得たかも。永作は健闘も、彼女を支えるには南原は力不足の感。 (ナム太郎)[投票]
★3大林お得意のセピア色のノスタルジーとわざとそうしているに違いない合成シーンの連続が非常に重いテーマを軽くしていたのは成功と言っていいかもしれない。しかし長い。延々と延々と延々とエピローグが続くのだ。シーンを切り取ればグッとすることもできるのだが如何せん観ていて疲れる。あと、南原の演技が稚拙すぎるのは残念。 (tkcrows)[投票(1)]
★3あくまでもB級にこだわる大林宣彦監督の意地がこぼれていますね。 [review] (chokobo)[投票]
★3うーん。。。。なんだか意外と(失礼)南ちゃんが合ってて好きだった。ナガサクも。でも、なぜか観ていて腹の立つ内容だった。なぜかはナゾ。 (あちこ)[投票]
★4大林少年のメッセージは今回は伝わった! 主演2人の演技(個性?)が作品世界に(意外にも?)見事に収まったのも佳かった(配役の勝利?)。☆4.0点  [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★1大林宣彦の『崖の上のポニョ』の噂は本当だった!黒澤好き大林に『生きる』の題材を与えたら『どですかでん』にしてしまった珍品。(レビューはちょっとだけ『ポニョ』ネタバレも含むよ) [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]