コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] リダクテッド 真実の価値(2007/米=カナダ)
- 更新順 (1/1) -

★3冒頭15分に状況設定として示される検問所の光景。何も起こらなくても何か起こりそうなあの緊張感こそがデ・パルマの映画としての本作の白眉であった。 [review] (ナム太郎)[投票(1)]
★1骨太の社会派ドラマのはずだが残念ながらチャラチャラした反戦映画にしか見えない。アンチ米軍というべきか。 [review] (HILO)[投票]
★3「撮ってる場合か!」なシーン多し。『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』ほどではないけど。 (黒魔羅)[投票]
★3序盤の監視所があるバイパス入口の半端な静謐が支配するサバーブ的状況設定が秀でており、緊張と倦怠の綯い交ぜな描写は素晴らしい。ただ、中盤以降は、真摯ではあるが提議される問題もそれを描く手法も新味が無い。デ・パルマだから敢えて言いたいのだ。 (けにろん)[投票(3)]
★5毒を以て毒を制す。アメリカの映画人、誰もがそれっぽい言い訳をしては避けて通る獣道、その道をデ・パルマは敢えて往く。あの場所にいた多くのイラク人と一部のアメリカ人同様、不当に扱われ誤解と屈辱に塗れた者にしか描けぬことだから。 (Lostie)[投票]
★4面白いっちゃ面白いんですが・・・ [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★3カジュアリティーズ』('89)の監督だけあって同様の甘さに苛つく。☆3.0点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★3事件の本質を戦争の構造ではなく個人の資質に求めるかのような割り切りが良くも悪くもデ・パルマが「社会派」に転進などしていないことの証だ。ここでも彼の興味の中心は形式や技法だが、このような題材こそ通常の物語映画の結構で語るべきではなかったか。カメラの表象・記録の可能性/不可能性の問題が追究されているとも思えない。 (3819695)[投票(3)]
★3"作成された"ドキュメンタリーの価値は?映画コンテンツが持つ制約を逆手に取った秀作だと思います。ストーリーはおもんない。 [review] (夢ギドラ)[投票(1)]
★3まとわりつく湿気のなかジャングルに潜む敵に脅え続けたベトナムが、濃密な閉塞世界であったなら、イラクはそこにいることの意義や目的すら実感できない、空疎な焦燥に支配された拡散世界だったようだ。確かに、拡散する世界に物語など見い出せるはずはない。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4イラクに派兵された米軍の無法さをストレートに描き、それだけに見るものにいちいち突き刺さるものがある。実際に起きた事件を題材に、あくまで題材にした上で自己の主張を衝撃的なやり方でたたきつけ、デ・パルマ監督の覚悟を感じさせる。 [review] (シーチキン)[投票]
★5デ・パルマのド本気。「アメリカ」の映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]