コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 東南角部屋二階の女(2008/日)
- 更新順 (1/1) -

★2イライラする。 [review] (青山実花)[投票(1)]
★3監督28歳 脚本家43歳のデビュー作としてはいい出来だ。しかし、主たるストーリー(老人達の物語)からテーマ(若者の“再生”)につなげるには無理があり、その為まとまりのない終わり方になってしまった。もう一工夫必要だったと思う。 (KEI)[投票]
★4「あえて」の画なんだろうけれど、正直言って物語にはジャマかも。もっとちゃんと人を観たい、と思える素敵なテンポと空気の映画でした。 (あちこ)[投票]
★3お行儀の良い人畜無害な映画だ。「今どきの若者は・・・」な話しを、先人の文法で、今どきの若者がなぞってみても意味はない。香川、高橋世代に今更「何か」を見つけるなどという発想が、脚本、演出デビューコンビの選択としては貧困で、手垢にまみれてうそ臭い。 (ぽんしゅう)[投票]
★4不安を抱えて生きる若者たちと対比して、いい意味での旧さというか、安定感のようなものが背後にある作品。それを具現化しているのが物語の鍵となる「東南角部屋二階の女」の存在であろう。[ユーロスペース2] [review] (Yasu)[投票]
★416mmフィルムからブローアップしたかのような(というか本当にそうなのかもしれませんが)粗い粒子を持つスタンダード・サイズの画面。その画面構成力はまったく新人離れしており、天然の才能だけではこうはいかない。勉強の成果だろう。カッティング・イン・アクションやフレームイン/アウトの仕方。 [review] (3819695)[投票(1)]
★3おんなの映画である。若者三人のうち一人はしたたかな女、竹花梓であるが、それにもまして絶大なるオーラを放つ香川京子が他の登場人物を完全に食っている。 [review] (水那岐)[投票]