コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 遠くの空に消えた(2007/日)
- 更新順 (1/1) -

★3ラスト付近のファンタージーにどっちらけ。 (二液混合)[投票]
★2「君たち、この話、聞きたい?」って勤務中に訊かれても、「その話、長くなりますか? だったらいいです!」ってCA2人に言われたら、この映画、始まらないね。結果、趣旨がわからない散漫なお話で、時間の無駄でした。 [review] (IN4MATION)[投票]
★2見せたかったのは、ピュアさが醜い利害関係を一掃する爽快さだったはず。本来、主人公たちを引き立てる背景にすぎないはずのファンタジー描写がでしゃばり過ぎて、肝心の神木隆之介ささの友間大後寿々花の存在感が奇異さのなかに埋没する。 (ぽんしゅう)[投票]
★2俺たちを育ててくれた村を守ろう!という気合が虚しく聞こえるのも、撮影隊が撤収したら即座に消えて無くなるのが明らかな国籍不明でメルヘン調の村の造形のせい。飛行への夢や、村の閉鎖性を導入し、単純な空港建設反対話にしない多角性も結局活きず。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★3いまいち乗り切れなかった・・・ブンチャカ♪ブンチャカ♪は良かったけれど。 (Soul Driver)[投票]
★4岩井俊二風に回帰した画はどこを切り取っても予告編に使えそうなこだわりというか執着心が見える。但し構成は散逸したエピソードを放置したまま収束しきれなかった。オリジナル作品という思い入れの強さがそうさせたのだろう。 [review] (sawa:38)[投票]
★4浮遊感漂う馬酔村同様に、映画自体が散漫なまま浮遊しちゃってる印象を受けるけど、「こんなところがあってもいいんじゃないか?」「こんなところがあったら行ってみたい」と思いながら観ていると実に心地よかった。 [review] (JKF)[投票(2)]
★4お…大竹しのぶって、スゴイ。 (あちこ)[投票]
★3何だかよく解らないお話だった。役者たちは悪くはなかったが、作品の雰囲気はどうしても最近の懐古調作品とご同様の人工的な臭いに満ちていた。☆3.4点。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★4いつもそうだ。行定映画は簡単で見やすい。でもそこに真実はないんだ。必ず裏側に映像の隙間に言葉の端々に本質が隠れている。だから気を抜いていると楽しみきれないんだ。今回もそうだった。 (なをふみ)[投票]
★4行定勲の決意を感じる秀作。馬酔村から漂う浮遊感に浸りながら、「何かを信じてみよう」と素直に思えたのだ。爽やかさ、優しさがある。(2007.08.18.) [review] (Keita)[投票(2)]
★2何もかもが中途半端に感じました。特に、いけなかったのは、田舎で撮影していながら、田舎の匂いがしてこないことです。 [review] (夢ギドラ)[投票]
★4リアリティよりは寓意を重視した物語である。そのせいかドラマ的な盛り上がりは今ひとつであり、散漫とも映るが、行定勲監督の本格的な軌道修正作としては、大いに評価したい一作であった。 [review] (水那岐)[投票(2)]